日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

69歳のいまでも「なぜ、社会がこうなっているのか」がわからない。世間の本音やほんとうのことが知りたい。ネットは玉石混交だけれど、検索して調べてみます。訪問していただいて感謝しています。ありがとう。m(__)m

既得権を利用する者たち

 おはようございます。

 酷暑の日が続いています。ご自愛ください。

 台風10号が近畿圏に近づいているようです。勢力が巨大です。大きな被害にならなければいいのですが……

  ちょっと風が吹けばスレート屋根がバタバタいうので不安です。屋根だから、自分では直せないし。無事で済むことを祈らずにはいられません。

 

 

 

 

         …………      …………      ………… 

 

税務署職員の犯罪

 11日に読売新聞に載っていた記事―― 

www.yomiuri.co.jp

 

 さすがに税務署職員です。税金を逃れる方法をよく知っている。

 庶民には「税金を取ろう、取ろう」とするのに、自分たちは払わないようにする。払いたくないのはみんな同じです。それでも社会の、全体のためだから、苦労して払っている。なぜ、自分だけズルするのでしょうか。

 法律を利用して手当てや還付金まで不正にもらっていた――詐欺です。税金逃れだけじゃなく、犯罪です。

 

 

大企業の税逃れ

大企業も税金をなるべく払わないように操作しています。

biz-journal.jp

  記事を読むと、国際的なグローバル化に沿って、投資と企業統合を繰り返して、利益が出ない決算にしているみたいです……

 

 

 25年ぐらい前、トヨタとか日産とかの自動車会社は法人税を払っていないと聞いたことがあります。当時、話題になっていました。

 社員の給料は払って、経営も順調なのに、法人税は0円というので、「社会というのは強い奴は何をしてもいいのか」と思ったものです。いまはどうなのか。

 

 大企業が法人税を節税するようなことは、ずっと続いていたようです。 

 最近、こんな記事を読みました。

www.mag2.com

 

 海外子会社の配当には非課税という法律が作られているそうです。

 大企業を優遇するための政治がなされている。政治と大企業が結託しているのは資本主義社会だからしかたないのかもしれませんが……やっぱり、平等に責任を果たしてほしいものです。 

  法律的なテクニックを使って「法人税を逃れる」のは卑怯な感じがします。

 

 この記事の続きです。

www.mag2.com

 

 大企業は大企業なりにやることもあるだろうし、世界がそれで維持されているのなら非難されることではないのかもしれませんが……

 

資本主義というシステム

 資本主義というのは「賃金奴隷」という犠牲者がいないと維持できないもののようです。

 あるいは、「貧困を作り出すから、富裕層ができる」わけです。

 基本的に「差別で成り立っているシステム」です。

 人類が作り出した「欲望を中心とした」システム……

 それは「他人を利用する」という自己中心的な欲望のようです。

 

 

 

消費税の使い道……

 こんな記事もありました。

biz-journal.jp

 こういうことが指摘されても世間のトップニュースにはなりません。

 

 日本は資本主義なので、どうしても大企業が有利で、下請け以の零細企業を奴隷化して利益を生み出すことになります。それは社員をこき使うブラック企業に似ています。

 

 

自分が思っている事……

 それが世間だから、どうしようもありません。考えてもしかたない。

 

 奴隷が嫌だ、とか、金が手に入らない、裕福になれないとか嘆いても、しかたないことです。この社会のシステムで有利な立場に立たなければ、貧困の苦しみも嘆きもなくならないのです。

 

 自分はこの資本主義の社会システムが嫌なのです……

 このシステムから外に出たいという思いが強い。

 

 もう、年寄りなので、いまさら「社会正義が……」とか「ほんとうの人間の在り方……」とかいうつもりもない。社会よりも、自分の人生の終わりが近い。

 

 自分なりの仕方で、自分で出ていくしかないのでしょう。

 初期仏教を信じている自分なりのあり方で……

 

 お盆なので、もう死んでしまった家族とか、友人を思い出します。

 生きるのは複雑で、難しいことですが、彼岸からみると、この世のことは何事もないようなものではと思うのです。

 

 

 

…………       …………      …………      ………… 

 

 

 

 

       リンクを貼らせていただいたサイトの方にお礼申し上げます

…………       …………      …………      ………… 

 

   読んでいただいて、ありがとうございました。

   すべて穏やかで、誰もが幸せでありますように。