日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

69歳のいまも……人生、後悔することばかりです。世の中がなぜこうなのかもわかっていない。世間には本音と建前があるのは知っているけれど……ほんとうのことを知りたい。WEBは巨大な辞書です。玉石混交ですが、検索します。訪問していただいて、感謝しています。ありがとう。

アイヌは先住民族ではありません

 おはようございます。

 大阪の今朝は雨の予報でした。すごく湿度が高い。

 起きたら部屋の空気を入れ替えるために扇風機を回しています。多少、涼しいけれど……

  参議院選は選挙区が広いせいもあって、そんなに選挙カーが走っていません。静かです。このほうがいいな。落ち着いて自分で考えられるから。

 

 

 

 

         …………      …………      ………… 

 

 国会ではかって「先住民族」決議をしたので、今回は「アイヌ新法」が決まってしまいました……

 

アイヌ先住民族ではない」ことの検証

www.youtube.com

  • 日本史の教科書の記述ではアイヌがいつ頃から北海道に住むようになったのか、ぼかされています。
  • 鎌倉時代以前にはアイヌについての文献資料・遺跡は確認できていません。
  • 北海道史での「縄文 → 擦文文化」はスムーズに段階的なのですが、アイヌ文化は唐突に登場します。
  • 日本語とアイヌ語は学問的にも異なる言語です。

 言語を考察することで、アイヌと日本人は人種的に違うということがわかります。 

 そして結論は『元史』(中国の元の記録)に書かれています。

 アムール川下流から樺太にかけてギレミ族が住んでいのですが、1263年にモンゴルに征服されます。1264年に「クイやイリウが毎年のように侵入してくる」との報告があり、モンゴルはクイを討ちます。

 このクイが攻撃され北海道に逃げてきたのです。それがアイヌです。

 

 アイヌは13世紀に北海道に侵入してきた北方の部族で、先住民族ではありませんでした。

 

 日本では「アイヌ先住民族」という通説がまかり通っています。なぜでしょうか? ズバリ、政治的な利権のためです。

 現代ではアイヌという民族はいないのに、「先祖がアイヌだった……」という人々がいます。彼らがアイヌ利権を代表し、その周りに利権に群がる政治家がいるのです。

 

 

 

           *            *

 

www.youtube.com

 

 

 

アイヌ利権

www.jiji.com

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 こうして「北海道は元々アイヌのものだ」ということになり、日本が分断されます。アイヌ自治を主張すると、それに乗じて中国が買いあさった土地の(チャイナタウン)の自治を要求するようになります。北海道には中国人が住みついている土地があるのですが、部外者を入れないそうです。 

www.mag2.com

 アイヌの問題は、中国共産党の北海道支配の始まりです。

 荒唐無稽のように思えるかもしれませんが、中国は国家戦略に基づいて外国に進出しているのです。

 

 

 このサイトの目次を読んでいただければ、問題の重要性が理解できるはずです……

アイヌ利権の闇〜日本に忍び寄る、第三国の影〜

 

 

matome.naver.jp

 

 

2018 年度「アイヌ予算」と「アイヌ利権」

内閣官房アイヌ総合政策室は、アイヌ政策の関連予算は、2017年度当初比 1.45 倍の 40億 5900万円となったと発表した。

 これは2018年度の予算額です。

 予算以外にも優遇される法律があります。予算が無駄遣いされている――ということも問題ですが、嘘がまかり通って、それに基づいて法律などが作られることが問題です。 

 

 

           *            *

 

日本は優しい国民性ですが……

www.e-aidem.com

 こういうような観光的なレベルで、ノスタルジーの感覚で理解されるだけならいいのですが……

 ほんとうのことが議論されないと、やはり間違った先入観だけが独り歩きしてしまいます。「差別されたから、賠償しろ」――そういう論理を受け入れざるを得なくなってしまうのです。

 

 アイヌというのは北方から来た異民族で、もう「その血を受け継いでいる純粋なアイヌは、いない」ということを知っておくべきなのです。

 

…………       …………      …………      ………… 

 

 

 

 

 

 

       リンクを貼らせていただいたサイトの方にお礼申し上げます

…………       …………      …………      ………… 

 

   読んでいただいて、ありがとうございました。

   すべて穏やかで、誰もが幸せでありますように。