日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

69歳のいまも……人生、後悔することばかりです。世の中がなぜこうなのかもわかっていない。世間には本音と建前があるのは知っているけれど……ほんとうのことを知りたい。WEBは巨大な辞書です。玉石混交ですが、検索します。訪問していただいて、感謝しています。ありがとう。

習近平を国賓待遇で招く……

 おはようございます。

 夜、寒かった。こんなのは久しぶりです。

 夢を見ました。見る夢はたいがい、道に迷ったり、仕事に間に合わなくて焦っているのが多いのですが……

 今回は飛行機に乗り遅れる夢でした。

 搭乗券をどこに入れたのか、ザックの中を探しても出てこない。やっと出てきたものはバラバラで記入もされていない。たぶん一緒に行った仲間なのだろう、若い男たちが「俺が書いてやるよ」と言う。

 ストリートはインドかインドネシアの風景みたいで原色の店が並んでいる。

 

 飛行場にひとりで駆けつけるが、飛行機は出発しそうだ……

 フォークリフトを運転している仲間の車輪にワイヤーがからまって動かない。

 

 

 

 

 

         …………      …………      ………… 

 

 サミット前に、もう、こんな話が出て来ました。

www.sankei.com

 

 習近平中国共産党のトップで、ウイグル人を拷問して殺している犯罪者です。チベット人も弾圧して殺している。

 そういう人間は責任を取る必要がないですか。弾圧して人民を殺している恐怖政治のトップなのです。

 

 トップになれば何の責任も取らない、それが当たり前の世界なら、この世は理不尽で矛盾に満ちているといえます。それなら、正義にはどんな意味があるでしょう。

 

 そんな独裁者を日本が「国賓」待遇で「もてなす」といっている……

 なんでしょう。

 人権とか民主主義に、日本は目をつぶるのか。国際社会からもそう見られるでしょう。

 

 

           *            *

 

 習近平はこの2、3年のうちに台湾を攻めるかもしれない。そんな決定をくだす立場にある人間です。そういう人間を国賓待遇にしてもてなす必要があるのでしょうか。

 

 外務省などに働いている官僚たちは、ぼくと違って優秀だし、レベルの違うことを考えているのはわかります。

 けれど、人が殺されている、弾圧されている現実を無視して、「日中友好」をするなど、とんでもないことです。犯罪国家に加担するわけですから。日本の立場は、むしろ、批判して、やめさせるべきでしょう。

 


           *            *

 

 

 

習主席、6月初訪日へ=国賓待遇とせず-「大阪G20成功」で一致・日中外相:時事ドットコム

 これ、4月中旬の記事です。この頃、「習近平G20 に参加するかどうかもわからなかった」のですが、訪日が決まった。 

 中国はもったいをつける。

 メンツを重んじる国で、日本を常に下に見る事大主義の国です。

 ぼくに言わせれば、まあ「ヤクザ」と同じです。

 

 そんな暴力をふるう国の独裁者といえる人間に来てもらい、国賓待遇でもてなす必要があるのでしょうか。

 

 日本の首相や政府は、政治家は、何を求めているのでしょうか。

 中国の「いい面」だけを見てつきあいたいのでしょうか。 

 

 

           *            *

 

 経済界は、まだ、中国を「おいしい市場」とみている。

 つい何年か前には進出企業が〈焼き討ち〉にも会いました。もう、それも忘れてしまったようです。

 まだ中国で儲けようと思っている。

 儲けたお金は日本に送金できますか? 中国のシステムではできない。中国で儲けた金は日本に送金できないのです。なんのために中国で商売しているのですか? 中国は日本企業に「儲けさせる」といって、その実、働かせて利用しているだけです。そして、技術と知的財産を盗む。中国に進出している企業は愚かといっていい。

 

 アメリカはいま中国と貿易戦争中です。中国との貿易赤字を解消したいということもありますが、本質は「人権を無視する中国のやり方を許さない」ということです。中国共産党のやり方は、民主主義ではない。独裁で人々を恐怖で縛り、批判する人を殺している――アメリカはそう言っているのです。世界のルールと違う。

 

 日本は中国を助け、友好という名で援助をして、人権に目をつぶる気なのですか。 

 人が正しく扱われ、理不尽に殺されたり拷問されないことは、必要です。

 日本は人権を尊重する側に立つべきです。

 

 

           *            *

 

 深く考えていくと、〈政治〉というのは恐ろしい。中国のように暴力的に、恐怖で支配することもできるからです。

 だから民主主義が大事です。

 

 いま、世界は自由を求めています……香港の戦いは、これからも続くでしょう。 

www.sankei.com 

www.nikkei.com

 

 香港は暴力的にならないで、押したり引いたりして、民主主義を勝ち取ろうとしている。大衆の力をデモで見せている。 

 政治家でないぼくたちは何も出来ませんが……一人ひとりが民主主義を願う、その思いの強さが、いつか現実を変えるのです。

 

…………       …………      …………      ………… 

 

 

 

 

 

 

       リンクを貼らせていただいたサイトの方にお礼申し上げます

…………       …………      …………      ………… 

 

   読んでいただいて、ありがとうございました。

   すべて穏やかで、誰もが幸せでありますように。