日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

69歳のいまも……人生、後悔することばかりです。世の中がなぜこうなのかもわかっていない。世間には本音と建前があるのは知っているけれど……ほんとうのことを知りたい。WEBは巨大な辞書で、玉石混交ですが、検索してみます。訪問していただいて、感謝しています。ありがとう。

最後は善き者、正しい者が勝つ

 おはようございます。

 裏庭?っていうほどの庭じゃないんですが、そこにホームセンターからの苗を買って来てポットに植えています。それが荒らされました。大葉が食いちぎられ、イタリアンパセリがなぎ倒され……

 どうやらイタチのせいのようです。

 朝、ラジオ体操に行くときに、道路を横切るのを見たことがあります。

 想像するに、排水口が空いているのでそこから侵入したようです。

 倒されたパセリが可哀そう。夜、ガサガサする音が聞こえたから、そのときだったのかも……

 

 

 

 

 

         …………      …………      ………… 

 

 信じている【法則】があります。

【すべて、正しい結果になる】ということです。

 人が思うどおりになりません。それは人が考えること以上の法則がこの世にあるということです。

 一方で、この世は嘘が氾濫していますよね。嘘ばかりです。

 人を騙したり、脅したりする者が多い。

 でも大丈夫。

…………       …………      …………      ………… 

  • 正義は必ず勝つし、
  • 悪は裁かれる
  • 正しい者が癒やされる
  • 嘘は暴かれます
  • 人を騙す者は信用されなくなる
  • 人を脅す者は、自分が脅される
  • 不実な者は愛されない
  • 誠実な者が信用される
  • 求める者は与えられる
  • 人を愛する者が、人から愛される
  • 与える者が、与えられる

 これらは世の法則なのです。必ず、正しい方向へ行く。

 

 悪を為す人は、他人から愛されない。ネガティブな生き方をする者は、その結果を引き受けなければならない。

 ポジティブな、肯定的な生き方をする人には未来や希望がある。

 

 

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

 

という本――昔、読んで感動しました。

 

 人は強制収容所に入れられても、劣悪な環境に置かれても〈希望〉を見出そうとする。絶望した者は死んでいく。人を生かすのは希望なのです。

 どんなに過酷な状況でも人間性を失わない者が生き延びる。

 

 フランクルは疲れ果て、自分もひどい鬱の状態でしたが、周りの人に「なにか話をしてほしい」と懇願されます。

 そして、「自分たちを待つ人達がいることを想像してほしい……」という話をします。この収容所を出るときに待っている人たち……

 たとえ、待つ人がいなくても、自分を待つ仕事や、やらなければならないこと……

 

 このエピソードを読んだとき、泣いてしまった。

 希望はいつもあります。

 


           *            *

 

「最後に残るのは希望である」

 ギリシャ神話の〈パンドラの箱〉の格言です。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 パンドラが開けた箱(壺)にはこの世にある邪悪なものが入っていた――

「パンドラが箱を開けたせいで、この世界に邪悪なものが存在するようになった」

 といわれています。

 パンドラは急いで蓋を閉めたんですが、すると、中から「お願いですから出してください」という小さな声がする。それが〈希望〉だったんです。そのお陰で、人は邪悪なものに負けずに戦っていける――ようになったのです。希望があるのです。

 

 

           *            *

 

  人は苦しい、理不尽な状況、環境に置かれることがあります。周りの人もわかってくれない……

 

 でも希望はあるのです。

 人生って、自分が「どういう環境にいるか」より、「何をしていて、何を目指しているか」です。

 自分がどんなふうに思われていようと、どう扱われようと――どうなりたいか、そのためにどうしているかのほうが大事です。

 

 世の中の矛盾に苦しむことがあります。

 政治も助けてくれるように見えない。

 見通しが立たない。

 未来がない。

 

 酒を飲んで、引きこもっていたい。

 堂々巡りで混乱して、解決策が見いだせない。

 

 でも大丈夫。希望があります。

 希望は「自分を超えて」やってくる。ちっぽけな自我を超えた彼方からやってくる。

「引きこもっていてもしかたない」と思える時が来る。

「他人のせいにしてもしかたない」と思える時が来る。

 

 いっぺんには変わりません。

 赤ちゃんが言葉を覚えるように、繰り返し、繰り返し、確かめて歩く。いっぺんに変わる必要はないじゃないですか。少しずつ、少しずつでいい。

 

 いつかは違う場所に立っている。 

 

  

           *            *

 

 最後は正しい結果になる。

 原因があって → 結果があるのですから。

 

 

…………       …………      …………      ………… 

 

 

 

 

 

 

 

       リンクを貼らせていただいたサイトの方にお礼申し上げます

…………       …………      …………      ………… 

 

   読んでいただいて、ありがとうございました。

   すべて穏やかで、誰もが幸せでありますように。