日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

69歳のいまも……人生、後悔することばかりです。世の中がなぜこうなのかもわかっていない。世間には本音と建前があるのは知っているけれど……ほんとうのことを知りたい。WEBは巨大な辞書です。玉石混交ですが、検索します。訪問していただいて、感謝しています。ありがとう。

「技能実習制度」の闇

 おはようございます。

 今朝も暖かい朝になりました。ラジオ体操の行きかえりにもうウィンドプレイカーはいらない。来ていると汗ばむほどです。

 いまは6時を過ぎると朝日が昇って明るい。冬の間、ラジオ体操を終えて帰り道に朝日が射してきたことを思うと、季節が過ぎたんだなあと感慨深いです。

 今日は地方選の投票日です。

 こんな暖かい日差に、花見に行かれる方も多いのでしょうが、その前に投票を。いろいろ欠点もあるけれど投票できるのは民主主義のいいところです。

 

 昨日はホームセンターに行って植木鉢と培養土、赤玉土を買って、適当な苗を選びました。花を育てるつもりはないのでハーブに近いものを。まだ、育て方とか知らないので、これからサイトを見て勉強します。

pacoma.jp

 いちおう植え替えました。

f:id:san-sai:20190406124728j:plain

並べてみました

 トウガラシ、青しそ、菜っ葉(名前、忘れた)、イタリアンパセリ、パセリです。いまのところ気が済んだので、もうすこし勉強してから本格的にやろうと思っています。

 

 


           *            *

 

 じつは今日、日記を書こうと思ったのは、『正義のミカタ』を見たからです。

www.youtube.com

  22分44秒から『「技能実習制度」の闇』のレポートがあります。これを見ると、低賃金労働力を輸入することは、ひどいことだとわかります。

 

 地中海で移民を乗せた船が、いまも遭難したり、漂ったりして救助されたりしてますが……これはマフィアが仲介しているので、国際的なマフィアの資金源になっているのです。

 

 動画を見るとベトナムでも同じようです。借金して仲介料を払って、正規の団体に採用される。仲介するだけで儲ける組織がある。

「移民は現代の奴隷制度だ」といわれるゆえんです。そういう暗い面を持っている。

 安い労働力を求めるのは――究極、人身売買につながる。

 資本主義というのが、賃金奴隷による労働で成り立っているとはいえ。

 

www.businessinsider.jp

 上の記事の時点では「700名が行方不明」となっていますが、何千名も留学させて不明にしていたことがわかっています。労働力を仲介する商売なんです。

 

 世間では、本音と建て前があって、違うのが当たり前ですが……外国から人を引っ張って来て、奴隷のような扱いをするのはひどくないですか。

 こういうことは政治家もわかっているはずなのです。

 それでも安い労働力が欲しい、という経済界と癒着して、現実を見ないでないがしろにしている。

 

 ぼくは経済評論家の三橋貴明さんを信頼していますが、彼が言うように、「人手不足なら設備投資や技術に投資して生産力を高めるチャンス」と、なぜ思えないのでしょうか? 安い労働力を使い、企業だけが利益を上げる安易な道を選ぶのでしょうか。

 資本主義は奴隷労働によって生き延びてきました……

 いずれ矛盾が集積して、量質転換の変革が起きます。これだけ技術が高度化している世界で、いつまでも「低賃金で人を使う」という発想が無理なのです。

 

 ここ生野区では外国人は昔から多いですが、最近はベトナムや中国人が目立ちます。

 ラジオ体操に行く朝に、必ず自転車に乗ったべトナム人の若者二人とすれ違います。想像するに、コンビニなどの夜勤明けなんだと思います。

 

 外国人であっても日本人であっても、安い賃金で奴隷労働させることはだめです。経済界が反省しなければ、どうしようもないのですが……怒りを感じたので、書いてみました。

 

 

 

 

 

  

         リンクを貼らせていただいたサイトの皆様に感謝します

…………      …………      …………      …………

 

   読んでいただいてありがとうございました。 

   すべて穏やかで、誰もが幸せでありますように。