日の記し=検索、読書、思うこと ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

69歳のいまも、何も知らない……社会の仕組みが、なぜ、そうなっているのかもわからない。WEBは巨大な辞書です。検索して、自分なりに理解したことをブログに残していきます。訪問していただいて、ありがとうございます。m(__)m

中国経済はどうなるのか――検索してみました

 おはようございます。

 暖かい朝になりました。昨日、関東と九州で桜の開花が宣言されました。春になったと実感しています。

 今日のお天気は曇りのようですが、気温が高いので洗濯物は乾くでしょう。  

 

   

 …………      …………      …………      …………

 

 

 

 

「チャイナプレミアム」の解説をしていました

 全人代が終わり、これからどうなる……

www.youtube.com

 宮崎正弘さんの分析では「崩壊に向かっている」ようです。

 アメリカと中国の貿易戦争は、決着がつくまで続く。

 

 

今年、世界同時不況が起こる予測

www.mag2.com

 難しい経済記事ですが最後まで読みました。

「世界同時不況は起こる」という予測。

 アメリカや中国で予想を越えた悪い数値がひとつだけ発表されただけで、市場は暴落しかねない。崩壊しつつあるグローバル経済の枠組み……

 景気が悪くなるのは確実! らしいのです。 

 


           *            *

 

 これからの中国経済はどうなる――

 検索したらこの記事がトップに出ました。内容は――

  • 中国は公共インフラ投資によって経済を成長させてきた。
  • それは日本の40年前と似ている。
  • 消費型経済に転換できれば大きな市場になる。

www.sbbit.jp

 ということですけれど、その〈転換〉がうまくいくかどうかには言及していません。個人消費が伸びて経済成長につながるでしょうか。中国の人々の大部分はまだ貧しいままで、富裕層や中間層は一部だといわれているのですけれど。 

 


           *            *

 

 楽観的な予測も

spc.jst.go.jp

 個人消費がまだまだ伸びるということですが、自動車の販売が極端に減っているのに、「社会消費品小売総額が伸びている」から大丈夫ということです。

 ここでも従来のやり方では頭打ちという認識は変わらず、消費の転換が注目されています。

 

 キャノングローバル戦略研究所の現状分析。

www.canon-igs.org

 リーマンショック級の不況がやってくる、と叫ばれているなかで、なんか楽観的な気がするのですが。なにがほんとうなのでしょうか? この記事が現状を反映している?

 

今年初頭の、世界経済予測

 下の記事は1月1日の各国の2019年の経済予測です。リーマンショック級の不況がやってくる、などは全然予測されていません。世界の経済が多少減速する程度……日本なんか〈加速する〉となっています。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

悲観的・楽観的、よくわかりません……

 他にも経済予測の記事を読んでみたのですが、なんだかよくわからなくなりました。

 中国経済は崩壊すると、悲観的に考え過ぎていたのでしょうか。

 検索すると楽観的な見方がたくさん出てきます。

 日本の経済界は中国を大きな市場とみているようで、危機感はないようです。以前、尖閣で偽装漁船が海上保安庁の船にぶつかってきたときは、日本企業の打ちこわしがあったのに……

 

 いまウイグルで行われている民族抹殺や、チベットの土地収奪や……使われないゴーストタウン……株の取引停止など……中国ではまともな経済政策以外のことが行われているのです。

 日本の経済界は、国が広くて人口も多いから将来は巨大な市場になるとみているようです。

 アメリカが仕掛けた貿易戦争で経済成長が鈍り、農民工は解雇され失業率も高くなり暴動も起こっているようですが心配ないのでしょうか。

 

 中国の実情は報道されないのでよくわかりません。ただ共産党一党支配の恐怖政治であることはわかります。

 


           *            *

 

庶民の視点では

 読んだ記事は、いずれにしても専門家がいっていることです。

「庶民にはよくわからない」といってもいい。 

 わかっていることは、物価が上がったり税金が高くなったりすると困るということです。生活が苦しくなると困るのです。その物差しでしか判断できない。

 

 経済は他の国とつながっていて影響は大きい、ということは理解できるのですが……

 

 消費税はどうなる

news.nicovideo.jp

 藤井聡教授のいうことに納得します。

 経済危機が訪れなくても消費税は上げて欲しくない。財政出動政策をとって、政府が公共投資をして景気を活発にしないと、税収も増えず、庶民のふところも不景気なままでしょう。

 

 相変わらず、こういう論評もありますが……

jp.reuters.com

 


           *            *

 

 けっきょく結論は……

 中国経済がどうなるかはわかりませんでした。

 共産党の幹部たちや富裕層がどうなろうといいのですが、政治的な混乱で中国の庶民が苦しむことがないように願います。――どの国でも大事なのは庶民が普通に暮らしていけることだと思うのです。

 

 

 

 

 

  

リンクを貼らせていただいたサイトの方々に感謝します。m(__)m  

…………      …………      …………      …………

 

     読んでいただいてありがとうございました。 

     すべてが穏やかで、誰もが幸せでありますように。