日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の底辺で生きてきて68歳になりました。後悔ばかりの人生でしたが、それもしかたがないことです。〈初期仏教〉を信じているので、なんとか暮らしています。訪問していただいて感謝しています。ありがとう。<m(__)m>

独裁国家という暗い闇 / 「鳥たち」

 

 おはようございます。

 昨日は午後から曇り空で、大阪は寒い風が吹いていました。今日は暖かくなりそうです。晴れだと洗濯できるのでいい。手洗いで洗濯するのが好きです。 気持がいい。 

 

 

 

             *               * 

 

 

 

スウェーデン、スパイ行為で中国出身の男訴追 亡命チベット人情報など収集し渡す - 産経ニュース

 という記事を読みました。

 中国については産経新聞が連載しているように――

【歴史戦・第20部 孔子学院(1)】「文化スパイ機関」発言で解任 「中国」を発信 日本には14私大 管轄あいまい「あまりに無防備」 (1/6ページ) - 産経ニュース

【歴史戦・第20部 孔子学院(2)】欧州の沿線国で関連行事急増 一帯一路に「奉仕」求められ(1/5ページ) - 産経ニュース

 孔子学院の活動がアメリカなどでも問題になっています。

 

 この下の記事に中国の目指すものが書かれています。たぶん、当たっているでしょう。

news.yahoo.co.jp

 

 日本のマスコミからは忘れ去られているようですが、中国は共産党独裁国家です。

 独裁なので少数の幹部の意のままに指導方針や政策が決められます。政治から文化まで思いどおりになる。

 想像できないのでリアルに感じることができないのですが、中国では政府に反対したら逮捕、投獄されます。

 マスコミなどは、〈すこし民主的ではない国〉的な報道をしていますが、チベット人ウイグル人を弾圧して殺したりしています。報道されないので身近なことに感じないだけです。

  

 独裁の国というのは恐ろしいのです。

 

 

 

            *               * 

 

 

 恐いな、と思うのは――孔子学院なり何なりの機関が公共の顔をして、いつの間にか作られていくことです。こういうが世界中で起こっている。これは中国の政策で行われている。

 中国は反日教育をしているし反日イデオロギーで動いている国です。それが正しいとしている。にも関わらず、日本の大学と手を携えて、社会学習とか公共の福祉のために活動する。

 変です。領海侵犯をしているのに、一方では笑顔で近づいて来る。

 

 政治には二面性があると思うのです。

 尖閣諸島を獲られたり、沖縄が中国に取り込まれたりするのは困ると思う人もいるし、中国との友好を掲げて「中国は大国でいい国だ」という人もいる。そういう人たちは中国と協調して友好の輪を広げようとする。

 たぶん経済的な利権があるのでしょう。それでなければ「友好的な活動」などやらないのではないでしょうか。誰でも〈「得だ」と思うから行動する〉、それが人間の本質ですから。

 

 

             *               * 

 

 

 中国のことを書くつもりではなかったのです。

 イギリスでロシアの二重スパイが殺されそうになって、いまも重体の記事を読んで「独裁の国を相手にするのは恐ろしいな」と思ったのです。それをきっかけに欧米はロシアの外交官を追放しています。

 

news.line.me  

gunosy.com

 プーチンによっていろんな人が暗殺されています。これは事実です。

 アレクサンドル・リトビネンコ - Wikipedia

 

 

 ロシアもプーチン大統領による独裁国家です。

 ジャーナリストたちも殺されています。

tocana.jp

 

 

 

             *               * 

 

 

 暗殺が日常的に行われているような国はダメでしょう?

 それでも日本のマスコミはそういうことを報道しなし、プーチンをいい人に描く報道をしています。

 

 もちろん、暗殺の標的は反体制活動家で、「庶民には関係ないこと」ともいえる。普通の人は殺されません。 

 社会を構成したり動かしたりする上部構造の人たちが、いがみ合っているだけともいえるのですが……暗殺など行われる社会であることで、普通の人も窮屈な思いをしているはずなのです。〈国のあり方〉としてはダメだと思います。

 表現の自由がある国のほうがいい。

 自由に発言できる国のほうがいい。平和な国がいい。

 

    こういうことに対して思いをまとめることもできませんが……どうして〈独裁〉の国が生まれるんだろう、なぜ〈独裁〉になるんだろう……と考えてしまいます。その国の人たちが独裁を望んでいるのか。

 共産主義の考え方に独裁を許す欠陥があるのはわかるのですが。

 そればかりではない経済体制の遅れとか歪みとか、横暴を許す民族性みたいなものがあるのではないかと思えます。〈他人を支配したい〉という人間が持っている根本的な悪を容認する風土や文化や地域性があるのでないか。

 

 答えは出ないかも知れませんが、本などを読んで学びたいと思っています。

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     ………………

 

 

   「鳥たち」

  

鳥たちが

木に

集まって

さえずっている

枝から

枝へ

飛びまわり

跳ねて

鳴く

どんな話を

しているの

まだ

見ない

仲間のこと

新しい

冒険のこと

枝を

ゆすり

葉のあいだに

姿を隠す

それから

誰かが

合図をしたように

いっせいに

空に向かって

飛び立つ

 

 

 

………………     ………………     ………………     ………………

 

    読んでいただいて、ありがとうございました。

    誰もが穏やかで、幸せでありますように。