日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の下層で生きて来て68歳になりました。底辺の視点からいろんなことを考えます。……思ったこと、読んだ本の感想、検索してわかったこと、自分なりの仏教のことなどを書きます。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝します。

3月19日、朝の日記 / 「鳥」

 

 おはようございます。

 今朝は暖かいというよりも蒸し暑いという感じで、歩いていても汗をかくほどでした。ウィンドブレーカーを脱いで手に持って歩きました。

 いまは曇り空だけれど午後から雨が降るようです。

 明日と明後日も雨らしいです。

「それが済んだら暖かくなるでしょうね」と、いつも並んでラジオ体操をしているおじさんと話していました。おじさんは70歳を越えているぐらいの年齢で、頭頂部はハゲています。一週間に二度ぐらいしか会わない。それ以外は大阪城公園のラジオ体操に行っているようです。

 大阪城は梅が満開で、桃はまだ咲いてないそうです。

osakacastlepark.jp

 

  

「屋台は昨日から出てるの」と聞かれました。

 春のお彼岸なので、昨日の日曜日は大勢の人で混雑したでしょう。

 今日は午後から雨。明日は一日中、雨でしょうから、商売にはよくないということになるでしょう。

 

 

          *               * 

 

 

 ぼくはひとりなので、久しぶりに他人と話をした。

 人と話をするのはいいですね。

 気持が明るくなります。

 やっぱり、人間は他人といっしょに生きているので、穏やかな関係だと安心する。

 ぼく自身は隠遁して世捨て人みたいな生活をしているのですが……世間は賑やかで楽しくあってほしいと思います。

 

 そんなことを思うと……政治の世界なんかは、先入観でできていて、他人を貶めたり、恨んだり、蹴落とす術を追求したりしているようで、嫌な感じです。 

 基本的に、人は、政治的なものとは別なところで生活している気がします。

 もちろん、政治がぼくたちの暮らしに影響を与えて、また規定していることもあります。政治的なことを中心にすると、〈自分が正しい〉世界に入り込んでしまって、抜け出せなくなる。

 何かが〈正しく〉なると、その他のものは〈悪い〉ことになります。

 それは、他人を否定することで、遂には〈自分も否定してしまう〉ことになる。

 政治は、本来は、楽しく生活するために、みんなで仲良くするために、行うものだと思います。それが相手を非難したり、貶めたりしていることに、大きな疑問を感じています。

 

 

          *               * 

 

 そんなことを考えていました。〈違う生活がある〉はずだと。

 

 東門を出ると、交差点にある喫茶店の横の道路に、アルミ缶拾いのおじさんが座って休憩していました。

 いろんな人生があるのです。

 ぼくは月6万円ぐらいで生活していますが……おじさんと変わらない。アパートに住んで屋根があるところで寝られるだけでも恵まれています。

 

 帰って、ラジオをつけると、プーチンが74%の指示を受け、大統領を継続するニュースが流れていました。

 共産党を支持する勢力が14%とか。

 プーチンは敵対する政敵や邪魔者を暗殺しています。いろんな情報では、そうです。それは恐ろしいことなのです。それは隠されています。 

 世界には、民主主義でない国のほうが多い。

 それなのになぜ、日本で〈モリ・カケ〉ばかりなのか。平和な証拠なのでしょうか。

 でも、敵国から攻撃を受けるまでは反撃できないのが平和憲法ですから、先制攻撃を受けると何万人も死ぬことになります。そうなれば日本には反撃能力は残っていないでしょう。

 そういう戦争の実態の恐怖よりも、軍事力を脅しにして、じわじわと浸透してくる外国の資本で支配されてしまうことが恐ろしいことです。

 アメリカとか、中国の政治の動向が、日本を左右しているのは確かな気がします。

 

 

 いろんなことを考えてしまった、そんな朝でした。

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………

 

 

   「鳥」

  

魂は

鳥の形で

飛んでゆく

ぼくは

ひとりで

空の下に立って

形って

なんだろうと考える

青い空には

綿雲が

浮かんでいて

光に

満たされ

白い鳥は

羽ばたいて

向こうの世界へ

行く

青い色に

白が

溶けるように

心が

溶けてゆく

 

 

 

  

 

 

………………       ………………       ………………     

  

    読んでいただいて、ありがとうございました。

    誰もが穏やかで、幸せでありますように。