日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の底辺で生きてきて68歳になりました。後悔ばかりの人生でしたが、それもしかたがないことです。〈初期仏教〉を信じているので、なんとか暮らしています。訪問していただいて感謝しています。ありがとう。<m(__)m>

問題の解決  / 「海」

 おはようございます。

 今朝、大阪は寒くって震えます。でも普通の冬なんですが…… (^_^;) ちょっと寒い気がする。いつも起きたら裸になって顔と手足を洗います。ラジオ体操に行くトレーナーを着て準備して、5時半から6時まで、自分なりの準備運動をして、トイレ掃除をして6時前にアパートを出ます。まだ暗い。ラジオによると大阪の夜明けは6時半ぐらいです。

 

  

 

          *               * 

 

 昨日、ラジオ体操に来ている人から「今日、バザーがあるよ」と中学校の場所を教えられたので、日曜日の午前中に行ってみました。

 学園祭でした。たくさんの人と子どもたちで混雑している。食べ物の屋台もあって、バザーというか、バッグとか服とかを売っていて賑やかでした。

f:id:san-sai:20171105113532j:plain

f:id:san-sai:20171105113026j:plain  f:id:san-sai:20171105113033j:plain

    f:id:san-sai:20171105113209j:plain    

 晴れたいい天気でよかったです。カメラでは遠く写っているけれどたくさんの人で混雑しているのです。人手が苦手なので、一周りして帰って来ました。

 

 

 

           *               * 

 

 世間との付き合いを絶って一人になって、もう12年ぐらいになります。時々、友だちがいたら一緒にお酒を飲んだり話したりできただろうし、充実した生活になるのか……と思ったりします。でも、ひとり暮らしに、もう、慣れました。寂しい思いもあるけれど、他人に気を使うこともないので、わずらわしさもない。

 

 ひとりもいいものです。

 だいたい、人生の苦しさは人間関係が原因だ、って思っているのです。ほとんど人間関係がない、持たない、いまのやり方が楽です。

 世捨て人、みたいなもんか……そんないいものではないか (^_^;)。

 

 

 人生、少しの金と笑顔があれば生きていける――って、言ったのはチャップリン

 ほんとうの言葉は「人生に必要なのは、勇気と想像力。それとほんの少しのお金」でした。

チャップリンの名言 | 地球の名言

 

 

チャールズ・チャップリン - Wikipedia

 

 辛い幼少期を過ごしたみたいです。そんな影響もあるのでしょうか、結婚もしているけれど、ロリコンだったようです。裁判も起こされている。当時、世の中の常識は同性愛とかロリコンを非難していました。性に寛容ではなかった。(ロリコンはいまでも非難されます。子どもを性欲の対象にするのは犯罪ですから)

 チャップリンロリコンだったとしても許せる気がします。〈子供の頃の自分〉を愛してやりたかった、のでしょう、映画に描かれている子どもをみるとわかる。

healthpress.jp

 

 

 有名人も、普通の人と同じで辛いこともある。

 社会で成功した人も普通の人と変わりない。たまたま成功しただけで、運が良かったのだと思う。

 

 誰でも、生きるのは辛い、苦しいと思うことがある。

 67歳になったいまだからいえることだけれど……また、自分なりの仏教徒だと思っているのでいいますが……「辛い、とか、苦しいのは、幻じゃないか?」と思う。

 極端な意見でしょうか。

 

 辛いこととか苦しいことは、社会のなかで、とくに人間関係で発生します。

 自分が無視されたり、認められなかったり、いじめられたり、格差を感じたり、うまく他人とつきあえなかったり、気後れしたり、自分自身がわからなくなったり、どうしていいかわからないで混乱していたりするからです。

 

 極端な話、人間関係を断てば、悩みなんかなくなる。

 でも、それができないから、苦しんでいるのです。

 社会で生きていくことは、他人とうまくつきあえたり、できたりすることなのです。

 

 

          *               *

 

  本にもインターネットのサイトにも、問題解決のための〈心理学的な方法〉があふれています。

 心理学的な解決方法は役に立つでしょう。

 

「こう考えたほうがいい」という優しい指導。指摘。 

 新しい見方や視点。気づき。

 社会や世界の新しい解釈――

          それらは役に立つ。

 

「問題を解決しよう」と思うことが、すでに一歩踏み出したことで、解決に近づいていると思うのです。問題についてジタバタしたり、考えたり、することが、すでに取り組みです。積極的に生きていることです。

 

 社会的に解決できないこともあるだろうから、そのときは自分が置かれた立場を、一歩引いて見直してみる。

 問題から逃げるのも「いいじゃないか」と思ったりします。自分の手に余って解決できないこともあるのですから。

 

 

          *               *

 

 苦しさに飲み込まれてしまわないで、客観的に離れて見たいものです。

 苦しさも辛さも、「そんなもんだ」と受け入れる。

            そんなことを思ったりします。 

 

 

 

 

 

  ……     ……     ……     ……     ……     

 

 

 

   「海」

 

立ち止まって

耳を澄ます

静かな

林の向こうに

波の音が

聞こえて

風に

かすかな

潮の匂いが

混じっている

ふいに

大きなものに

胸をつかまれたように

気づく

海は

何かを

教えてくれるだろう

白い

砂浜

波打ち際に

大きな波が

打ち寄せてくるのを

見ていたい

くりかえし

くりかえし

やってくる

波を

数える

そうすれば

自分に

出会えるだろう

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。m(_ _)m

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。