日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

社会の底辺で生きて来て67歳になってしまいました。そこから見える風景や、読んだ本の感想や、ネット検索でわかったことなどを書きます。生きることは辛いこともありますが、何をしても生きて行ける。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝します。

映画を観ていた時代 / 「朝」

 おはようございます。

 しばらく夏の暑さが帰ってきていたようだったのですが、昨日から秋に戻ったようです。雨が降って、気温が低い、そんな日々が続くと天気予報でいっていました。お体に気をつけてください。

 

  

 

          *               * 

 

 

  子供の頃1960年代に、大阪の梅田に北野シネマという映画館があって、当時でいう芸術作品ばかり上映していました。ATG日本アート・シアター・ギルド)という低予算でアート作品という、メジャーに属さない映画を作る運動もあって、そこが上映館でした。ぼくが16歳や18歳の頃です。映画を観るのが生きがいでした。

 

 この北野シネマで、ヌーベルバーグといわれたジャンリュック・ゴダールの「気狂いピエロ」や「中国女」を観ました。シュールリアリズムのフェデリコ・フェリーニの「81/2」とか、観た記憶がある。驚かされたしおもしろかった、わくわくしました。 

www.youtube.com

 懐かしいです。ラストシーンがいいのです。映画の枠を越えていて。

 

  ここでサタジット・レイの「大地のうた」も観たし、大島渚の「日本春歌考」も観た。大島渚作品はここでほとんど観ました。 

www.youtube.com

 「儀式」もすごいけれど、「少年」は名作です。 

www.youtube.com

 

  

           *               * 

 

 

 昔、観た映画を思い出してしまった……。

 じつは……

テオ・アンゲロプロス シナリオ全集

テオ・アンゲロプロス シナリオ全集

 

 この本を図書館から借りてきたので、その感想をブログに書くつもりだったのです。

 

 テオ・アンゲロプロスについては、たぶん16歳のときに観た「旅芸人の記録」の静かに立ち尽くすシーンが記憶から消えないので、一生好きなんだと思います。

それはまた月曜日に書きます。

 

          *               *

 

 

 映画はいい。

 最近はめっきり観なくなりました。人生を考えさせるような映画がない、そんな気がします。

 昔は〈映画青年〉とかいって、映画を観ることに人生を重ね合わせる「映画=人生」みたいな構図があったのです。まだ、映画が若かった時代。トーキー映画ができて50年も立っていただろうか。映画が娯楽として全盛期だった時代です。そして映画で〈人生〉も描かれていた。

 1960年代にはフランスのヌーヴェルヴァーグに代表されるような、映画哲学みたいなものがあった。いま映画はまったくの娯楽になってしまった……

〈映画の時代〉は終わりなんです。新しいメディアのほうが表現が豊かだ。アニメとかゲームとか……ちょっと残念な気がします。

 

 

 当時は底辺の工場で働いていたし、映画で〈夢を見る〉体験をしていた。

 

 いまでも「映画はいいなあ」といいたい。

 よほどのことがない限り、違う世界に連れて行ってくれるから……いまは、娯楽でいいし、芸術でなくていいと思うようになりました。

 

 いま映画館で観ないのは料金が高過ぎるからです。映画の日もあって1000円で観れたりするんだけれど……もっと安い方がいい。椅子にきちっと座っていなくてはならないのはキツイです。映画館ではお行儀よくしなくちゃならない。それがいいともいえますが。自分の部屋のパソコンの前ならもっとリラックスして観れたりするから映画館に行かなくなる。

 

 20年ぐらい前、西成で日雇いをしていてあぶれた時は、新世界や山王で古いやくざ映画やエロ映画を観て、時間を潰していました。酒を飲むか、映画を観るか、それしか行くところがなかった。

 難波の深夜映画館の観客が、みんな帰るところがなくて寝込んでいるのも好きだった。500円で3本立てとかあった。

 

 映画のことを思うと、その時代のことを思い出します。

 

 

          *               *

 

 いまはネットで映画を観れたりするから、どこででも楽しめる。

 映画という枠が広がって……曖昧になっているけれど……それでいいような気がします。

 

 

 

 

 

  ……     ……     ……     ……     ……     

 

 

 

   「朝」

 

光が

裏側から

雲を

赤く染め

空は

黄色や

紫になって

燃えて

移ろう

朝の

始まりを

じっと

見ている

新しい

時間が

くり返し

やって来て

世界が

また

始まる

ずっと

つながっている

確かなものに

祈ると

虹色の空は

見る間に

青く

透明になってゆく

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。m(_ _)m

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。

 いい週末をお過ごしください。

 また、月曜日に。