日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

社会の底辺で生きて来て67歳になってしまいました。そこから見える風景や、読んだ本の感想や、ネット検索でわかったことなどを書きます。生きることは辛いこともありますが、何をしても生きて行ける。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝します。

神社についていろんな本 / 「星空」

 おはようございます。

 今朝は蒸し暑いです。目覚ましに起こされました。夜中、暑くって眠られなかったからです。 

 ラジオ体操に行きます。 

 体調を整えて元気でやりましょう。(^^)/

  

 

          *               * 

 

 

 

 いろんな本を読んで神社について学んでいます。

 普段、意識しないけれど、当たり前のように神さまと共にいるんだと思います。そして神話の世界と繋がっている。

 手を合わせることはすばらしいことです。自分のことだけでなく、他人の幸せを願ったり、希望がかなえられるようにお祈りするのはいいことです。

 

神社ってどんなところ? (ちくまプリマー新書)
 

 目次です。

第一章 神社とは

     神社っていつからあるの?  神社とお寺  神社にいる人たち

第二章 神さまのはなし

     神話に登場する神  もともと人間だった神  民俗神

第三章 神社のなかにはなにがある?

     神社にお参りしよう  神社建築を味わう  代表的な建築様式

第四章 日本人の生活と神社

     人生儀礼  年中行事

第五章 神社の祭り

     神社に共通のお祭り  御神輿と山車のお祭り  

     決まった年に行われるお祭り――式年祭

第六章 日本の神話

     黄泉の国訪問の神話  国譲り神話  天孫降臨の神話  海彦山彦の神話

 

P14の「神さまを招く依代(よりしろ)」が興味深かった。

 神さまをお祀りするとき、やってきた神さまは「依代」に宿ると考えられていました。「代」は「やしろ」の「しろ」と同じ、清められた場所のことなので、神が依る神聖な場という意味でしょう。形の良い山や、青々とした緑を称える常緑樹、大きな岩などが依代にあるとされていました。依代となった山を 神体山、神奈備(かんなび)といいます。木であれば神籬(ひもろぎ)、岩であれば磐座(いわくら)、または磐境(いわさか)とよびます。子供や巫女など人に神が宿ることもありました。その場合は依坐(よりまし)といいます。依代はいまでも神社やお祭りで見ることができます。神社の社殿の奥などに、金銀や白の紙を木に挟んだ物を見かけたことはありませんか? それは御幣(ごへい)といいます。もともと神さまに捧げるものでしたが、今では社殿の奥にたて、依代として用いられています。ほかにも長野県の諏訪大社で行われる御柱祭(おんばしらまつり)は、依代として大きな御柱を立てる大変勇壮なお祭りです。

 続いて世界遺産に登録された「沖ノ島の祭祀遺跡」のことや、「奈良の三輪山」のことが書かれてあります。

 

 P19には「仏教の渡来」のこと。

その頃は、日本の神々を「国つ神」と呼ぶのに対し、仏を「蕃神(あだしくにのかみ)」つまり外国からやってきた神、とよんでいました。

  P20「神仏習合のはじまり」

 神社のなかに「神宮寺」という寺が作られるようにもなりました。この思想は、神も人間と同じように悩む存在であり、仏の力で解脱させなければいけないという「神身離脱」という考え方に基いています。

これは、仏が神の本当のあり方という本地垂迹説に至る過程としてあったんだ、と理解できました。

「仏が仮の姿で現れたという意味の「権現」という神号も使われるようになります。「熊野権現」や「蔵王権現」という言葉はいまでもよく使われるので、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

 個人的な思いですが、神道というのは柔軟なような気がします。人間も神さまになるんですから……

    

  二章以下は、知ってそうでよくわからないことが解説されてあります。雑学的なおもしろさがありました。

 

 

           *               * 

 

 

 

神さまと神社―日本人なら知っておきたい八百万の世界 (祥伝社新書 (035))

神さまと神社―日本人なら知っておきたい八百万の世界 (祥伝社新書 (035))

 

 

目次です。

第1章 日本人と神さま

第2章 暮らしのなかの日本の神々

第3章 八百万の神々の系譜

第4章 伊勢神宮と皇室とお伊勢参り

第5章 知っておきたい神々と神社

第6章 日本を代表する神社とその神々

 

 著者はノンファクション作家という肩書だが、週刊誌や月刊誌の記者もしていたらしい。なので、章ごとの話題が読み物としておもしろい。大きなテーマとしての章があって、その展開としての話題。読んでいるうちに章のテーマが理解できるようになっています。

 

 たとえば、1章は「日本人と神さま」というテーマ。

  • 日本の神さまは杜と社に住んでいる。
  • キリスト教はリンゴ、仏教は蓮華、では神さまは……サカキ……杉や松が神木。それ自体が神さま。
  • 自然崇拝。磐座。熊野に旅した思い出。
  • なぜ人は社という形を残すようになったか。律令制による整備……
  • 鎮守の杜。
  • 氏神のこと。
  • 神道という形。

2章

 暮らしのなかの神道について書かれてあります。

  • 歳神と注連飾り。
  • 安産祈願は――タマヨリヒメノミコト(玉依姫命)が祀られている。七五三。
  • 1901年に始まった神前結婚式の歴史は新しい。大正天皇の結婚式を真似た。それまではイザナギノミコトとイザナミノミコトの神名が書かれた床の間を背に三三九度の儀式をしていた。
  • 神葬祭もある。「○○家奥津城」と書かれる墓石。
  • 地鎮祭と上棟祭。
  • 祭りと神輿の歴史。
  • 神仏が呉越同舟七福神
  • 山の神、道祖神

3章

 神話から神々の系譜をたどります。

 P88には系譜図が載っています。

4章

 伊勢神宮のこと。

5章

 これらの歴史の勉強の後、神社の建築様式、神紋、神儀のこと、絵馬の意味。5章は盛りだくさんです。

 

6章は、有名な神社の紹介です。

 出雲大社 熱田神宮 宇佐神宮 伏見稲荷大社 太宰府天満宮 熊野三山 諏訪大社

 白山比咩(しらやまひめ)神社 住吉大社 春日大社 日吉(ひえ)大社

 富士山本宮浅間神社 宗像大社 鹿島神宮香取神宮 龍田大社・広瀬神社

 秋葉山本宮秋葉神社

 

 

 知識も増えるし、読んでおもしろかったです。総合的な視点で解説されています。

 

 

 

 

 

  ……     ……     ……     ……     ……     

 

   「星空」

 

杉の枝の

陰を

透かして

星が

瞬いて

燃える

夜の

底に

降ってくる

それは

光の

メッセージ

ガラスの粉のような

天の川は

うねり

流れる

空は

輝き

地上では

虫が鳴き

土と

草の

匂いがして

自分は

ひとり

立ちつくして

 

   

 

 

………………     ………………     ………………     …………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。m(_ _)m

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。

 よい週末をお過ごしください。

 また、月曜日にお会いします。