日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきて67歳になりました。そこから見える風景や、読んだ本のまとめや、検索してわかったことなどを書きます。生きることは辛いですが、何をしても生きていけると思うのです。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

支配と脅しの世界…… / 「猫が海を見ている」

 おはようございます。

 大坂は昨夜、雨が降っていました。まだ駐車場が濡れています。曇りの天気予報なのでそんなに暑くならないようです。昨日は蒸し暑かったですから。

 北九州の大雨の被害に遭われた人たちにお見舞い申し上げます。どうかがんばってください。日本は島国で自然災害にみまわれやすい。防災できればいいのですが……

 

  

 

          *               * 

 

 

  テレビは持ってないので見ることはないし、お風呂に行った時にサウナでちらっと見るぐらいです。ラジオは民放のコマーシャルが嫌でNHKしか聴かない。……ニュースや、他の情報はインターネットで知ることが大半です。

 

 土曜日の朝、洗濯をして寝転んでいて……暑いし……すこしうとうとしていたのですが、目が覚めて、前から気になっていたことを書こうと思い立ちました。

 

 北朝鮮のミサイル発射が毎週のように続き、大騒ぎになっているんですが……

 でも……この問題の根本は〈北朝鮮がミサイルを発射して挑発している〉ではないと思います。

 北朝鮮は弾道ミサイルを持ちたい――

 問題の本質は、核を持つことが、国際的に〈有利な立場になる〉という常識があることです。核を持ったほうが〈強国〉になるという世界の外交の現実が問題です。

 

 ニュースを総合すると北朝鮮は、

  • 核弾頭を開発してすでに持っているらしい。
  • 将来、アメリカを狙えるICBMを持つだろう。(今回のICBMはロシア製だという噂もあります
  • 「アメリカが戦争を仕掛けてきたら、無慈悲な反撃をする」みたいなことを常に喚いている。

 

 核爆弾って、持っても使えないのでしょう? それがひっかかったことです。

 使えば、自分の国も壊滅的に破壊される。

 基本的に、核は相手の攻撃に対する抑止力にしか過ぎません。軍事一般が敵への抑止力としてあると言っても過言ではないと思います。

 

核保有国の一覧 - Wikipedia

 

 北朝鮮は「核を持ったらアメリカから攻撃されない」と信じているので、核弾頭を搭載できるICBMを開発し続ける。

 アメリカと対等になりたい。そんなことは、人民を飢えさせ抑圧している国なのだから、無理なんですけれど。核保有北朝鮮の唯一の希望なんです。

 じっさい、いまのミサイル発射実験のペースだと、1、2年後には核保有国になるらしいのです。

 

 使用できないのはわかっていますが、軍事的な抑止力で〈国の力〉になる。だから持ちたい。

 

 

          *               * 

 

   なぜ「核強国」になりたいのでしょうか? 北朝鮮の主張によれば、弱い国は滅ぼされると思っているからです。

 じっさい、過去には紛争に介入されて、戦争を起こされ崩壊した国があります。イラクがそうです。シリアもそうでした。イラクはいまも混乱が続いています。

 アフリカの紛争や内戦地域もそうみたいです。……先進国が介入しています。また先進国の死の商人が武器を売りつけたりして紛争を煽っています。

 

 

 もちろん、国連がその国の人々のために紛争を止めさせようとして介入するのは理解できます。

 けれど、アメリカを始めとする先進国や、文明国といわれるイギリスやフランス、ヨーロッパの国々や、ロシアは、なぜ、遠い中東やアフリカまで出かけて行って、爆撃したりしているんでしょうか。 

 ほんとうの目的は石油利権だったり、自国の利権を守るためのようです。ぼくの目には、世界は〈強い国〉が弱い国を支配しイジメているようにしか見えません。

 

 北朝鮮イラクフセインや、リビアカダフィ大佐が殺されたのを、「核を持ってなかったせいだ」と思い込んでいます。金正恩は「核を持っていたら殺されなかったはずだ」という被害妄想患者といえます。

 

 

          *               * 

 

 

 イラク戦争は正当化できない戦争でした。

 下のような素朴な質問を見つけました。正しいと思います。その正義のない戦争によって、何十万ものイラクの人が亡くなったのですが、誰も責任を取ろうとしません。

 

イラク戦争における有志連合国の犠牲者数

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

イラク戦争 - Wikipedia

 

 

oshiete.goo.ne.jp

 

          *               *

 

 北朝鮮を擁護しているわけではありません。

 ただ、戦争が起こると、混乱と悲惨なことになります。それには反対です。

 日本やアメリカのマスコミの報道は、一方的に〈強い国〉の側の視点でされているように思います。

 

 限定的に北朝鮮の核施設を爆撃破壊できたらいいと思いますが……

 アメリカは米軍や日本、韓国に犠牲が出ないように攻撃できるかで、悩んでいるようです。

 中国共産党が陰で北朝鮮を操っているのはみんなわかっているのでしょう。それで、手出しできない状況です。北朝鮮を止めるには、〈中共の援助〉を止めなければならないからです。それをする手立てがない。

 

 けっきょくは……戦争をしても何の益もありませんから……

 

 戦争をしたくないアメリカは、将来的に中共と手打ちをして、結果的に、北朝鮮の核保有を認めることなると思うのです。 

 ぼくの願望も入っていますが、アメリカの進む道はこうなると予想しています。

  • 戦争をやってもメリットがない。犠牲者が出るだけ。3万人を超える米軍の犠牲者を出した朝鮮戦争の二の舞いだけは避けたい。なんのために朝鮮半島のために死ぬ危険を犯す必要があるのか……
  • 核は、けっきょくは使えない。使えないなら問題はない。北朝鮮が持ったとしても抑止力でしかない。
  • それなら「中共とアメリカの2極での、現状維持でいこう」といういまの政策を続けよう。

 アメリカは、アジア情勢はいまのまま放置するのがベストだと判断するでしょう。

 アメリカにとっては、北朝鮮と戦争をしても、相手と自国、周辺の国を巻き込む被害が広がるだけですし、文句を言われるだけで、なんのメリットもなく利権も得ることとがないのです。また、戦争するだけの資金もありません。無理して戦争してもメリットが何もないのです。 

 

 それで……

 第二次朝鮮戦争は回避されたとしても、独裁者の国にいる人民は不幸です。いつまでも抑圧や悲惨は続くのですが……

 

 アメリカがそういう選択をすれば日本は困ります。アメリカ頼りだった梯子を外されるわけですから……安保同盟があるにも関わらず韓国、中共から攻撃され、領海侵犯を繰り返されている現狀ですから、日本は自立して対処しなければなりません。

 でも、それでいいのです。

 

 中共は沖縄の領有権を主張するだけでなく、日本を占領し中国の自治区にしたいと思っているようです。 

matome.naver.jp

 

          *               * 

 

 いくら北朝鮮がミサイルを射とうが核保有国になろうが、それで強国になるわけではなく、国が富むわけでもありません。

 日本に戦争を仕掛けるわけにもいかない。では、いままでと同じことです。

 

 戦争にならなければ、相手は嫌がらせしてくるだけで、攻め込んで来ることはできないのですから、堂々としていれればいいのです。常に相手を攻撃したいというヤクザな周辺国を相手にする必要はありません。

 日本はアメリカの庇護の手を離れて「軍事的に自立しなければならない」そういう時期が来たのではないでしょうか。アメリカに国を守ってもらうのではなく、自分の国は自分が守るのが当たり前だと思います。

 

 しっかりと防衛する必要があります。もし敵が領土に侵攻してくれば自衛隊という軍隊で反撃すればいい。9条があるとはいえ専守防衛の権利はあるのですから、徹底的に防衛することです。左翼は「防衛するな」といいますが……

 日本は核弾頭をすぐにでも作れる技術があるので、「作るぞ!」という可能性を公言することで、相手の攻撃を牽制できるかもしれません。もちろん、作らなくていいのです。それが大人の駆け引きです。核弾頭とかを持っても使えないのですから。

 

 何度でも言いたいのですが、核は抑止力の意味しかない。実戦で使うことはできない。ミサイルも、いくら持っていても相手を攻撃する時までは意味がないです。余計な心配をしないことです。

 相手が攻撃してくるなら、それに見合った、相手の国を滅ぼす軍事力を持つ――それが抑止力になる。軍事の専門家なら、そういうでしょう。

 

 国防のための軍隊は攻撃されないための抑止力としてあります。左翼は「軍隊は戦争するためにある」といいますが、認識が間違っています。

 たとえば包丁があるとします。これで人殺しもできますが、普通は料理にしか使わないはずです。「人殺しができるから包丁をなくせ」という主張は、人殺しに利用したい人にしか通用しません。

 戦争をして殺し合いたい、という人は世間にはいないのです。とくに当事者の軍人は、いざとなると自分の命に関わるので、戦争を観念的に捉えている人よりも慎重です。国を守ることは必要です。軍隊は戦争しないためにあるのです。

 

 

          *               * 

 

 世界の現実を見れば、〈強い国〉が弱い国を支配する構造になっています。

 そういう利権の構造である国際外交には〈正義〉はありません。

 悲しく、苦しいことですが、人間が作るシステムというのはそうでしかなかったし、これからもそうでしかないと思います。

 

 世界は〈脅し〉や〈恐怖〉でできている、といっていいです。

 このシステムを変えない限り、悲惨なことは続きます。他国を侵略したり支配したりする。

 いつかは、〈脅し〉や〈恐怖〉の支配を脱するシステムを構築することが必要でしょう。〈脅し〉や〈恐怖〉の内実が明らかになり、意味を持たなくなる世界です。

 

          *               * 

 

 北朝鮮はアメリカを〈脅し〉ているばかりでなく、自国の人民も飢えさせたり、強制収容所に入れて殺しています。

matome.naver.jp

 だから、そんな国は崩壊して無くなったほうがいいのです。そう思います。そのときこそ拉致被害者を救出できる時です。悪は自壊するとはいえ、できるだけ早く、こんな非人道的な国はなくなってほしいです。

 韓国の文大統領が〈北主導の統一〉を望んでいるようですから、それが混乱や崩壊のきっかけになると予測しているのですが……日本に難民が押し寄せて来るでしょう。

 

 けっきょく、指導者や独裁者が何をしようと、根本的な変化を作り出すことはできません。変化を作り出せるのは、大衆や人民が「そうしよう」と決めた時です。

 

 中共チベットウイグル、モンゴルの人たちを弾圧し殺しています。独裁国の中共も滅びてほしい国です。いずれ、経済を維持できなくなって崩壊、分裂するのは近いと思いますが……独裁がいつまでも続く、などというのは信じられません。

 

 

 

          *               * 

 

 でも、いまは〈強い国〉が世界を支配している、のが現実です。

〈そんな世界だと理解した上で、ひとりの人間としてどう生きていくか〉ということだと思うのです。

 ぼくのような底辺が政治とか国際外交のことを考えてもしかたがないのですが……自分が生きている範囲で、周りの人といい関係が作れたらいいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

  ……     ……     ……     ……     ……     

 

   「猫が海を見ている」

 

防波堤の上に

猫がいる

海を見て

じっと動かない

なにを

見ているのだろう

よく動く骨と

バネの筋肉を持った

その背中は

哲学者のように

孤独だ

なにも考えず

近づいて来る

白い波を

数えている

波打ち際には

色の褪せた

流木が

転がっていて

打ち上げられた

静かな時間に

満ちている

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。m(_ _)m

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。