読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 日の記し   ★ヽ(´・ω・`)ノ 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきた67才で、もう老人なんですが、そこから見える風景を書きます。読んだ本のまとめや検索してわかったことなどをメモします。生きることは辛いですが、何をやっても生きていけると思うのです。仏教を生きる支えにしているので、そのことも。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

〈経済〉のこと / 「春」

 おはようございます。

 今朝は暖かい。連休の人もいるだろうし、今日明日は仕事、という人もいるでしょう。人が遊んでいる時に仕事をしているのもいいものです。なんか特別なことをしている気がするので。

 

 

          *               * 

 

  図書館で、 

日曜日だから経済思想史を学んでおこう (日曜日の自己啓発BOOK)

日曜日だから経済思想史を学んでおこう (日曜日の自己啓発BOOK)

 

 という本を借りて読みました。

 経済学の歴史が書かれた本。経済のことを根本から考えたかった。簡単に、わかりやすく書かれているのでよく理解できました。

 

 それとは別のこんなことも気になっています。 

 なぜ、今の世の中は朝から晩まで「経済!経済!」っていっているのか……ちょっと疑問に思うのです。それも庶民に対していっているみたいです。

 たしかに経済が世の中を動かしているんだろうけれど、それが一番注目べきことだというのはすごく変だと思うのです。ぼくが貧乏人だからかも……経済に関係ない存在だからかも……不景気は困りますけれど(^^;

 とにかく経済が世の中を動かしているらしいのです。

 

 アベノミクスという政策でこの国は進んでいます。いまも第二次の成長戦略を掲げています。

 

 物価を上げなくては経済成長できない、といって2パーセントのインフレが目標でした。でも日銀の最大限の量的緩和政策も効果がなかった。そんなことを考えると、経済というのは複雑でコントロールできないようです。

量的金融緩和政策 - Wikipedia

 経済政策ひとつで損をする企業も出てくるし、利益が上がる企業も出てくる。

 日銀の人は、政策が間違って、効果がなかったとしても責任は問われません。せいぜい辞職するだけです。でも、中小企業が倒産したり、苦しんでいる人たちがいるのをどう思っているのでしょうか?

 

 株が上がって得をした人は一部の企業や組織です。庶民には株は関係ないと思います。国民健康保険のプール金は増えたようですが……

 株を買える人は生活に追われている人ではないでしょう。庶民ではない。

 ニュースの後にいつも株式市況を放送していますが、いつも「変だ」と思っています。そんなにみんな(庶民は)株に興味があるわけないじゃないですか……関係ない人が多いと思うので、やめてほしいです。為替レートをいちいち放送するのもやめてほしいです。

 

 アベノミクスは成功している?

 就職率は伸び、失業率は完全雇用に近いらしいです。その一方で非正規が増えているんでしょう。不安定な働き場所が増えても、よかったと言えないと思います。

 いずれにしても、経済の政策は専門家が考えるのでしょうから……文句をいうのは違うかもしれません。

 

 アベノミクスへの評価や批判があります。

www.huffingtonpost.jp

 

『アベノミクスを支えるための「日本再興戦略2016」の幻想』

 

 経済は専門性を必要としています。そのために経済学者や評論家がいます。でもみんな意見がちがうようです。

「経済政策が失敗している」といわれることが多いのです。それは世界のどの国もです。

 

 日本はデフレで不景気から抜け出せませんが、まだ、豊かな暮らしができているからいいといえるかもしれません。

 

 経済政策って、いつも「失敗している」とか「効果がないじゃないか」とかいわれることが多いけれど、もしかしたら、誰にとってもいい経済というのは存在しないのでしょうか?

 損をする人もいれば、得をする人もいる、それが資本主義の経済、なのかも……

 不景気だとかいっても、貧者の暴動が起きないうちは、許容されているということか。

 

 でも、失業などしている人にとってはたいへんなことです。

 お金がない、貯金もない人にとっては、〈暮らしが楽でない〉のはたいへんなことです。

 派遣などのブラック企業の噂もネットで書かれていますし……過労死も問題です。働いて生きていくのは、並大抵のことではありません。

 

 ぼくのように失業を繰り返してきた者にとって、人生は〈暗い〉ものでした。いまは老人なので、それなりの心の安定がありますけれど。それにもう人生に期待するものはない、心境です。(^_^;)

 金も使わないし、お金はそんなに必要じゃないことがわかりました。食費は1万円あれば足ります。老人って、生活の範囲が狭い。それはいいことです。お金を使わないようにしようとすれば出来ますから。

 

 若くて子育てをしている普通の人にとっては不況は深刻なことです。だから、なんとかしてほしいものです。

 経済の専門家で、政策を立案する人たちにどうにかしてほしいと願っています。

 成長しなくてもいいので、安心して暮らせる生活ができればいいのですが。

 

 

 

 

 

  ……     ……     ……     ……     ……     

 

   「春」

 

土手は

世界を黄色に

染める

菜の花で

いっぱいだ

咲き乱れる

黄色は

日の光に

揺れる

川を

包む

この景色は

神さまが望んだみたいだ

ミツバチが飛ぶ

羽音が

聞こえる

遠くで

カモが

水の流れに

浮かんでいる

水面を

花びらが

ゆっくりと

流れてゆく

午後

 

  

 

 

………………     ………………     ………………     …………

 

 ごめんなさい、ブックマークなど表示しないようにします。読んでいただくだけで十分なので…… 

  読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。