日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきて67歳になりました。そこから見える風景や、読んだ本のまとめや、検索してわかったことなどを書きます。生きることは辛いですが、何をしても生きていけると思うのです。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

米中首脳会談について思うこと / 「道」

 

 おはようございます。

 今朝は寒いですね。ちょっと冷え込みました。

 昨日、雨がやんだので自転車で走っていたら、桜の花吹雪がすごかった。雨で散るのが早くなったようでした。

 

 

          *                 * 

 

  米中首脳会談は土曜日の8日に終わりました。報道から推察すると、互いに主張し合って、なにか合意することはなかったようです。言いたいことを言い、それを確認したことがお互いの成果だったのでしょう。ぼくのような庶民にはわからないですが、会談とはそういうものなのかと思います。

 

www.sankei.com

 産経新聞はこの分析のなかで、

「もし、中国が米国と連携できないのなら、米国は独自に進路を決める、と大統領は習氏に伝えた」

 ティラーソン米国務長官は7日の首脳会談終了後、記者団に明かした。

 として、単独で北朝鮮を爆撃することもあると伝えた、としています。

 

 これには、 

www.yomiuri.co.jp

 アメリカはシリアにミサイルを打ち込むことで、中国に対して、アメリカの覚悟を見せつけたということです。

 大きな状況でいえば、それで、中国に、後から文句を言わせないようにした。

 北朝鮮は核や大陸間弾道ミサイルの開発だけでなく、政権の幹部まで粛清する独裁者に支配された国です。中国のコントロールも効きません。アメリカは大陸間弾道ミサイルが完成する前に、爆撃して軍事力を削ぐでしょう。

 たぶん北朝鮮は崩壊する……勝手に思うのですが……爆撃した後は中国に任すことで話がついたのではないでしょうか。

 アメリカや韓国と戦争になったらやっかいで、事態が複雑になると困る。中国にとっても、そのほうがいい。

 

 軍事的な衝突が起こり、ことを構えても、庶民にはなんのメリットもありません。戦争で苦しんだり、困るのは庶民です。

 庶民の視点で考えれば、軍事的な衝突は起こって欲しくない。無意味です。

 アメリカはシリアの政府軍を攻撃したのですが、すぐロシアが反政府勢力を爆撃しました。大国の思惑で、迷惑するのはシリアの民衆です。普通の人が犠牲になります。

 シリアは分裂して欧州やアメリカの戦略に翻弄されています。中東で生きることは苦しいことです。

 

 

 

 今回、中国は、オバマ大統領に言ったように「太平洋をアメリカと中国で二分しよう」というようなことは主張しなかったようです。中国の本音は、東南アジアもフィリピンも台湾も、日本も支配できたらいい、というものですが、いまはそんなことを言う状況でもないのでしょう。

 経済も崩壊しているし……必死に表面を取り繕っている段階だと思います。

 アメリカに貿易赤字の対抗策をとらせなかっただけでも、中国にとっては成果だったのだと思います。

 ぼくの勝手な、会談への感想ですが。

 

 

 ぼくは、急激に膨張した中国は、世界の覇権国になる前に分裂すると思っているんです。国民を天安門で轢き殺すような国が……チベットウイグルを弾圧している国が、存続するのがおかしい。独裁国は続いて欲しくない。

 民主主義は〈真理として正しい〉――ので、いつかはそうなるのです。

 人は、暴力とか、金の支配とか、嘘で、一時的に騙せるかしれませんが、いつまでも続きません。国も同じだと思います。

 

 アメリカは暴力的なカーボーイに似ています。まだ〈正義を夢見ている〉ところがあるので許せる部分もあると思っています。

 アメリカの正義は欺瞞で、強者の論理でしかないのですが……建前でも〈正義〉をいうと、それから外れることはできないので……救いはまだある、と思います。

 

 

          *                 * 

 

 米中会談について、マスコミの報道など聞いていて、どうなるかなと期待していたのですが……そしていろいろと予想したりしたのですが……

 

 今回は、〈ひとつの中国問題〉も〈南シナ海侵略問題〉も〈アメリの貿易赤字問題〉も、表に出てきませんでした。表に出なくても裏では話し合ったでしょう。

 そういう表に出ないことが、この会談の意味を表していると思います。状況を悪化させたくないのでしょう。

 いまは北朝鮮の挑発と暴発を止めることです。

 アメリカの空母艦隊が朝鮮半島に向かっているそうですから、北朝鮮の崩壊は迫っているでしょう。

 

 今回の会談では出て来ませんでしたが、アメリカと中国の本当の駆け引きは、中国の経済崩壊が表面化するというような、もっと大きな出来事の時に動き出すんだと思います。中国も近い将来に分裂する、と思っています。

 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「道」

 

目の前に

山があり

頂上の

雪も消えている

左と

右の

手を合わせて

静かに

祈る

雨上がりで

道は

濡れている

湧水は流れて

朝の光に

砂利が光っている 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。