日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきて67歳になりました。そこから見える風景や、読んだ本のまとめや、検索してわかったことなどを書きます。生きることは辛いですが、何をしても生きていけると思うのです。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

危険な情勢です / 「朝の光」

 おはようございます。

 今朝は冷えて寒いですね。でも、春はもうすぐです。

 

 

          *                 * 

 

  金曜日の夜に風邪を引いたようです。今朝まで肩が凝って吐きそうになり、気分が悪かったのです。ラジオ体操をしてもスッキリしないので、昨日の日曜日の朝は部屋で自分なりの体操をして肩を回していました。それでだいぶ落ち着きました。二日酔いになってからお酒を飲まなかったので禁断症状のせいかも……(^_^;)

 

 每日、午後からはずっと焼酎を飲んでいて夕方には眠り込んでしまうほどでした。

 小人閑居して不善をなす。

 愚かです。

 でも、酒に酔うことが救いだった人生の時期もあります。そんな記憶が胸の奥にあって忘れられないので、ついつい、焼酎を飲んでしまう。

 この3日間飲んでいないので、飲まない影響が出たのでしょうか。

 体がフラフラしないので、返って緊張して肩が凝るのか……まじめに生きると、そうなるのでしょうか。

 よくわかりません。風邪の症状かも。薬が嫌いなので、風邪薬はよほどのことがないと飲みませんが……

 

 でも、よくなりました。

 

 昨日は図書館に行って、予約していた「経哲草稿」を受け取ってきました。

 また、読んでみます。

 

 

 韓国の大統領罷免への抗議デモはたいへんな騒ぎになっています。過激になって、3人の死者が出るほどです。

 ぼくも昔、デモで機動隊に肋骨にヒビを入れられたことがあるけれど……もう、怖いなあと思ってしまいます。他人も自分も傷つくようなぶつかり合いはよくないと思う。そんな暴力では何も生み出さない。

 

 昨夜は韓国のテレビが、罷免された朴大統領が私邸に帰るのをライブ放送していました。それを見ていました。

 

 いずれにしても5月には反日親北大統領が誕生するのでしょうけれど、リンクを貼った記事を読むと、いろんなことを背負ってスタートするのだなと思ってしまいます。

agora-web.jp

 これからがたいへんです。

 

 

          *                 * 

 

 土曜の夜は、

www.youtube.com

を、見ていました。

 確かに排他的経済水域にミサイルを撃ち込まれているのに、大騒ぎにもならない日本の現状は平和ボケかもしれません。

 日本人は本質的に争いごとが嫌いな優しい民族です。戦前にロシアが南下したりしなければ、この小さな島国で仲良く暮らしてきました。西欧列国の植民地主義に抵抗しなければならなかったので、大東亜戦争になってしまいました。その負債はいまも払っています。

 

 いまは、周辺の、話し合いとかをしないで(するつもりがない)、日本を脅すことしかしない中国とか北朝鮮(韓国も)のような国に囲まれていると、危機感を持たないと駄目な気がします。

 

 最終的には国を存続させるのは民意だと思うのです。

「その国に暮らしていかに幸福か」という国民の気持が国を持続させていくと思うので、いろんな困難があるでしょうが、ぼくは、日本の将来は心配していませんけれど…… 

 たしかに危機的な状況だと思います。

 

 取り返しがつかないことにならないように政治家はいると思います。そのために民衆は政治家に政治をまかしているのですから、国際関係が緊張して、武力の衝突にならないようにしてほしいのです。

 共産主義で選挙によらない支配者が国を治めている中国や北朝鮮は、国際的なルールを無視した過激なやり方をするのが常套手段なので、対応するのが難しいのはわかります。

 そういう危険な国は、アジアの民主主義の国たちが団結して封じ込めるしかないと思うのです。

 

   

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「朝の光」

 

白樺林を歩く

雪のなかに

葉をもたげている草も

朝の明るさに

眠りから覚めたようだ

枝を透して

光は

真っすぐに射し

樹皮についた氷を

キラキラと

輝かせる

見上げると

雲の彼方から

羽毛のように

柔らかく光るものが

降りそそぐ

 

  

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。