日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

社会の底辺で生きて来て、68歳になりました。そこから見える風景や、読んだ本の感想や、ネットの検索でわかったことなどを書きます。生きることは辛いこともありますが、何をしても生きてゆけると思っています。仏教は生きる指針です。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝します。

東日本大震災のための凧揚げのイベントをニュースで知って

 おはようございます。

 ラジオ体操の時はまだ晴れていた気がします。現在は8時過ぎ、曇り空です。近畿では雨も降っているところがあるようです。

 

 

 

          *                 * 

 

 

www3.nhk.or.jp

 

 朝、ラジオのニュースで報道されていました。

 苦難にあるパレスチナの人々が東日本大震災の人を思ってくれて、凧を揚げてくれる……気持を揺さぶられました。

 身内を亡くされた被災者の方々も、戦争の渦中にある人々も、癒やされますように。

 

 いつかは苦しいことがない社会になりますように。

 

 凧揚げは淡路島でも行なわれています。

www.sankei.com

 ラジオのニュースでは、東日本大震災で亡くなった人の鎮魂のために全国の各地で凧をあげるイベントが行われているようなのです。

 

 ぼくらは日々の暮らしの中で、いろんな災害も事件も忘れていきます。

 それが、けっして、悪いことでもないような気がします。忘れることは癒やされるために必要です……

 でも、忘れないことも必要なのだと思います。

 

 誰かが悼んでくれる、遠いところで。

 

 ニュースを聞いて、「ああ、いいなあ」と思ったのです。

 

  

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。