日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきて67歳になりますが、そこから見える風景や、読んだ本のまとめや、検索してわかったことなどを書きます。生きることは辛いですが、何をしても生きていけると思うのです。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

今年の反省と、祈り / 「耳を澄ます」

 

 おはようございます。

 目が覚めるのはいつも5時前ですが、寒いです。すぐ電気ストーブをつけて、部屋を暖めます。これがあるのとないのでは、ずいぶん違う。部屋が暖かいと幸せな気分になります。

 

 

          *                 * 

 

 今年一年はどうでしたか?

 

 ぼくはギターをうまくなりたいと思っていたけれど、ろくに練習もしなかったし、動画を見て熱心に学ぶということもしなかったので、バツです。

 来年はちゃんと練習したいと思います。

 

 詩のほうは、自分なりにですが、コンスタントに書けるようになりました。。それはいいことでした。詩の、方法論なり、詩への態度みたいなものがわかりかけた一年だったと思います。自分の、いまの方向で行こう考えています。旅していた時に感じた〈自然〉を描いて行きたい。

 

 ぼくのいまの人生のテーマは、詩とギターなので、それができる状況にあることは幸せだし、希望です。

 

 

          *                 * 

 

 続けていることといえば、宝くじをずっと買い続けています。もう10年ぐらいになる。それまでもちらほらと買っていたけれど、習慣にしたのはそれぐらいから。

 いまはロト6とロト7を買うだけだから、月に2800円。年にしたら33600円になる。

 それだけ投資しても、当たるのは、年に1000円が5回ぐらい。宝くじは難しいです。でも、最初に1万円が4回ぐらい当たった。その時はミニロトを買っていたからです。ミニロトのほうが相性が良いのかもしれません。でも、一攫千金を狙うならロト6かロト7です。買わないと当たらないから、毎回1枚ずつ買います。いつか1億円が当たると信じています。

 

 30代の頃は競馬とか競艇とか競輪に通ったけれど、あの時も一攫千金を狙っていました。お金が欲しかった……30代に万舟券が当たり、5万円をとったことがあります。電車で帰る時に何度も胸のポケットを触って、盗られないかドキドキしていました。

 40歳の頃、競馬で〈倍買い〉に挑戦していた時に、3300円の馬券を7000円買っていて、23万ほどとったことがあります。これが最大で、倍買いは2年ほど続けたけれど、結果的に120万ほど損をしました。

 競馬は、もともと売上金の25%を引かれた分が配当金とされているので、儲かるわけがありません。100円投資して、一人勝ちしても、75円が返ってくるだけなのです。多くの人が参加しているので、ごまかされているのですが、一人でやるとすると、75円しか配当されないのです。多くの人のお金が集まるので、勝つと、自分のお金が増えますが、負けた人のお金が移動しているだけです。自分もいつかは負ける立場になるわけで、いくら勝っても75%の配当金しかもらえないゲームなのです。だから、やり続けるほど損をします。

 ここで詳しく説明されています。

 

 ぼくがやっていた倍買いの方法は、このサイトに書かれているようなやり方です。

必勝法?倍々プッシュで儲かる確率は? | 一攫千金で億万長者になろう!

 必ず、破綻します。投資額が膨大になると現実と合わなくなるので……

 この世の中には〈理論的には正しくても、じっさいには出来ないこと〉があるのです。

 

 ギャンブルは宝くじぐらいにとどめていたほうがよさそうです。

 

 

          *                 * 

 

「人はギャンブルで一攫千金を求めるが、最大のギャンブルは人生じゃないか」という言葉を覚えています。

 まったくその通りで、人生そのものが運任せです。〈運〉とか〈周りの環境〉という人の手に負えないものによって左右されていると思います。誰も生まれてくる環境を選んで生まれてくることは出来ません。

 

 それでも、人は苦難を克服しようと挑戦し続ける……

 それこそほんとうのギャンブルです。

 

          *                 *

 

 来年もいい年でありますように、お祈りします。

 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「耳を澄ます」

 

白い

冷たいものが

降ってくる

ブナの木の

下に

守られて

座る

どこからか

かすかに

鳥の鳴き声がする

ひとり

周りを

見つめる

ここが

ぼくの

世界

手の届くところに

ある

静かなものが

ぼくを連れて行き

新しい道を

教えてくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。

 良いお正月をお迎えください。m(_ _)m