日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

社会の底辺で生きて来て67歳になってしまいました。そこから見える風景や、読んだ本の感想や、ネット検索でわかったことなどを書きます。生きることは辛いこともありますが、何をしても生きて行ける。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝します。

資本主義に従うのでなく…… / 「そっと」

 

 おはようございます。

 今日は天皇誕生日の祝日です。謹んでお祝い申し上げます。

 

 昨夜はまだ雨が降っていて、天気予報をみたら今朝の最低気温は11度になっていました。暖かい朝になるんだなあと思っていました。でも、強い風が吹いていて駐車場の旗がはためいています。けっこう寒いです。

 

 糸魚川の火事は雨が降り始めた昨夜、やっと鎮火しました。風に煽られて大きな被害になってしまいました。消防や警察の人たちに、お疲れ様と申し上げます。死者が出なかったのは幸いでした。お正月も近いのに、家がなくなった方はたいへんだと思いますが、どうか、がんばってください。

 

 

          *                 * 

 

 

 一昨日、奴隷的労働になぜ従事しなければならないのだろうと書いたのですが、ずっとそのことを考えています。16歳で働き始めた頃から思い続けていました。働かなければお金をもらえない、そんな体制になっている社会が嫌で仕方なかったのです。労働の評価で自分の価値が決められる。会社の役に立たなければ評価も低い。……文句は言えない。それでは、ぼくなんかはまったく底辺でしか生きられないのです。

 

  昨日、タコ部屋のことを書いたのですが、搾取は資本主義の本質です。

 いまでも『しゃぶしゃぶ温野菜事件』などが、発生するのです。「ブラック企業」という呼び方はもう一般化してしまいましたが、こういうことはずっと昔からありました。 

 

 人間はいつも他人を奴隷のように使ってきました。それは歴史をみても明らかです。

 明確に奴隷制度になっていなくても、実態がそうだと変わりありません。奴隷が資本主義の発達に欠かせないものだったのは、アメリカの黒人奴隷の歴史をみれば明らかです。黒人にはなんの罪もなかったのに、拉致され、アフリカから輸入されたのです。

 ぼくは現在の資本主義も賃金奴隷制だと思っていますし、グローバル資本主義多国籍企業の植民主義だと思っています。搾取される階級がつきものです。

 

 こんなに長い間、人が人を搾取し抑圧する体制が続いてきたのは、やはり、人間というのは本質的に、そういう〈差別する心〉とか〈自分だけが得をしたい心〉を持っているからだと思えます。人は他人を利用する。他人より〈優越したい〉気持は誰でも持っています。他人を苦難に陥らせても自分が得をすればいい、という気持は、将来、どんな体制になってもついてまわるように思います。悲観的な見方ですが……

 

 

          *                 *  

 

 

 ぼくの資本主義への解決策は〈ベーシック・インカムの導入〉と、〈半日労働〉ですが……それができなかったら、個人的にはどうすればいいのでしょうか。

 

  すでに社会の体制から離脱するような傾向がみえます。これからも少子化は進むだろうし、若者は金がないので結婚できない。結婚しても、子供の教育費にお金がかかることを考えると、生まないことを選択することが増えているようです。

 ぼくは、デフレが続いた時に、労働者の賃金を下げて経済的な搾取を続けた結果が、社会体制を揺るがすような意識になったと思っています。次の時代を担う労働者たちが普通の生活を送ることができなければ、国が疲弊してゆくだけです。

 これは経済界や政治家の方針への、静かな抗議ともいえるのではないでしょうか。また、当然の帰結だといえます。

 

 

 一昨日、ぼくは違う生き方として〈田舎に住む〉ことを提案しました。

 検索してみました。

 物件はたくさんあります。

 ただ、暮らすとなると……

 都会に仕事しに通うのでなく、〈自分で仕事を作り出す〉バイタリティも必要みたいです。

 

 

 

 

 田舎の悪い面もいっぱいあるようです。

 

 けれども積極的に誘致している自治体もあるんです。

「田舎に住む」で検索すると、これ以外にもたくさん出てきます。

「田舎に住む 体験談」の検索結果です。

 

 

 幸せな気持で生きられるならどんな体制でもいい、と思うんです。資本主義でもいいのです。ただ、この社会は物質的には豊かだけれど、生活に追われ、仕事に縛られ、心が貧しくなっているような気がします。

 ですから、違う暮らし方を考えてもいいのではないでしょうか。

 

 いまとは違う生活を夢想する……それでもいいのではないかと思います。

 たとえ、できなくてもいいので、可能性をいつも持っておく。いまの生活と違うことができるんだという自信が、心の余裕になると思います。

 

 町は便利ですが、他でも生活できる。

 仕事があるほうがいいが、なければないで、生きる方法はある。それを見つける。

 黙って、喜んで社会の体制に従っているのではないのだ……この社会には矛盾がひどい。自分はエスタブリッシュメントの側にいない……

 そんなふうに考えたほうがいいと思います。

 この社会とは違うやり方や生活に、計画し挑戦してみる。

 ダメで元々なんですから。(^^)

 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「そっと」

 

こんなにも柔らかい命を

そっと手のひらに

包み

運ぼうとする

どこに?

蛍の火のような

ささやかな

雪の結晶

その温かみが

いつまでも

ぼくの

心に

残って

 

 

  

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。

 よい週末をお過ごしください。

 また月曜日にお会いします。