日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきて67歳になりました。そこから見える風景や、読んだ本のまとめや、検索してわかったことなどを書きます。生きることは辛いですが、何をしても生きていけると思うのです。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

美しい話に涙してしまう / 「声」

 

 おはようございます。

 朝方に雨はやんだようです。まだ駐車場は濡れていますが……今朝は暖かいしラジオ体操に行ける。

 前向きに生きる気持というのはいいものですね。

 

 

          *                 * 

 

 

 

 涙してしまいました。

 こういう美談はよくあって……あざといともいえますが……人って、きれいな話が好きです。

 涙するような物語はいっぱいある。

 でも、いいことだと思う。人が泣いていたら、自分も泣いてしまう。

 

 

 生きていく上で苦難がないように。苦しむことがないように。

 誰もが同じ場所に居ると思うのです。

 

 

          *                 * 

 

 

 彼女が卒業で駅が廃止になる。そのために運行されていた。

 いろんな感想があっても、それでいいのです……

 周りの人たちの視線が優しい。なんか、人は人によってしか生かされないと思わされる。

 

 人は美しい話が好きだ。本来、そうなのだと思う。

 人が人を憎む話はいらない。

 

 

 フラッシュモブの動画もあります。

 

 ダンスとかハプニングのフラッシュモブもあるけれど、オーケストラなのがいいです。自分もオーケストラの一員だって思わせてくれる。

 楽器が弾けるのはすばらしい。「喜びの歌」は感動的です。

 

 

 人は本来、仲良く生きていくものなのだと思います。

 争いや、喧嘩や、殺生したりするけれど、ほんとうの底にあるものは、素直に仲良くありたいという願いなのです。

 そういうことをいつも思っていたい。

 

 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「声」

 

それは地の声だ

男神

女神を求めて

歩く

湖の氷は裂け

ぶつかり

盛り上がる

その音は

地の底のほうから響いてくる

人々を

寝床に置いて

たしかに

神は歩いている

手を差し延べ

呼ぶ声が

夜のあいだ響いている

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。