読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 日の記し   ★ヽ(´・ω・`)ノ 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきた67才で、もう老人なのですが、そこから見える風景とか、ふと思ったこと、検索してわかったことをメモして残します。仏教を生きる支えにしているので、もっと自由になれるでしょう。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

プーチンが来日しますが……  /

 

 おはようございます。

 寒い日が続きます。朝方の夢に昔の会社の上司が出てきました。意識もしていない人だったので不思議な気持ちです。無意識の心理は謎です。

 

 

          *                 * 

 

  15日にプーチンが来日して、安倍首相は故郷の山口県で歓待する予定です。マスコミも好意的に報じているようです。

 日本のマスコミは、戦後、一貫して左翼よりですから、共産主義の国を美化する傾向がずっとありました。ソ連が崩壊してロシアとなったのですが、まだ、淡い憧れの気持が残っているのでしょうか?

 しかし、ぼくは不満です。 

 

 この記事が出てから半月以上経ちますが、新たな動きは伝えられていません。日本の望みは、「経済援助する代わりに北方領土返還 を返してほしい」なのですが、ロシアにその気はないようなのです。

 形式的にでも日本の領有権が確認されないと、ロシアに利用され経済援助するだけになってしまいます。そうならない秘策があるのか……

 歯舞、色丹だけでも返ってくるのか……

 交渉上手なロシアを相手に成果が出せるのか。正直にいうと、無理なような気がします。

 

 ぼくは思うのですが、ロシアと仲良くすることでなにかメリットは生まれるのでしょうか。 

 中国を牽制できるということでしょうか。

 ロシアが日本のためになにかしてくれるでしょうか?

 

 これまでも、日本が中国共産党に騙されて中国の復興を援助して何が残りましたか? 中国が軍事大国になり、東南アジアや日本が侵略される危険が増しただけです。 松下幸之助を始めとする経済界も、官僚も、政治家も騙されたのです。

 

 国際関係は複雑で専門家でないとわからないかもしれません。

 でも、国益を重視し、中心に考える専門家の外務官僚などが、交渉した結果で、いまの中国からの侵略危機があるといえます。ある意味、日本が好んで侵略される危機を招いたともいえるのです。 

 ロシアを援助してもそうなるでしょう。

 そうならないことを祈りますが……

 

 

           *                 * 

 

 

 

 ロシアになる前のソ連は、条約を破って、太平洋戦争が集結する1週間前に、満州に侵攻してきました。略奪をし、多くの日本人の婦人を犯し、女、子どもを殺しました。

 また日本兵シベリアに抑留し、強制労働させ、多くの人を殺しました。

 火事場泥棒的に樺太、千島列島、北方四島を占領して、ソ連のものにしました。

 

 歴史のことですから、いろんな意見や評価はあると思いますが、ぼくはそれを忘れることが出来ません。

 ロシアと友好的になりたいと思わないのです。いままでもそうではなかった……

 

 

 プーチンソ連秘密警察KGB)出身で、これまでも政敵や批判的なジャーナリストを暗殺しているという疑いを持たれています。

 

 これは最近の事例です。これまでもプーチンに批判的な人が次々と殺されているのは事実です。

 

 この記事は古いものですが、プーチンの戦略がわかるのでリンクを貼らせていただきました。

 

 

 ロシアのGDPは日本の4分の1です。

 日本はロシアを過大評価、美化し過ぎです。

 また、プーチンの恐ろしさを知りません。知っていても批判はしない。ロシアを民主主義の国と思ったら間違いです。

 

 

 ロシアは強面で国際関係のなかで軍事的な攻撃を躊躇しない。大国のように振る舞っていますが、国の経済規模はそんなに大きくなく、国民が豊かな国でもないのです。

 

ロシアの経済 - Wikipedia

 このサイトは詳しいですが……そんなに詳しく知ってもしかたない、という思いがあります。

 

 

 日本はロシアとどうつきあったらいいのでしょうか。

 国を動かしている人にはいろんな思惑があって関係を結ぼうとするのでしょうが……

 日本の国益を損ねた場合に、それに責任を持つ人はいるのでしょうか。

 

 ぼくは、もうひとつ、友好的につき合える国ではないような気がします。

 いえ、これは国同士の関係のことで、ロシア人とのことではありません。

 ロシア人には魅力的な人が多いと思っています。ロシア文学は素敵ですし、女の人はきれいです。

 ただ、手放しで喜ぶ気分になれないのです。

 ぼくにとっては、それでいいと思っています。

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。