読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

初期のYUI の歌が好きです / 「枯れ葉」

 

 おはようございます。

 今朝は寒いです。駐車場の車の屋根が白くなっています。部屋の電気ストーブをつけてしまいました。天気予報を見ると生野区の気温は6.6度になっています。最高気温の予想は13.9度ですから暖かくなるのでしょう。

 

 

          *                 * 

 

  ネットサーフィンにも飽きて、何をしようと思う時があります。そんな時は映画を探して観ています。ネットで観れる映画です。

 

 GYAO! で映画を観ています。

 このあいだは、

を観ました。竹内結子がコケティッシュで可愛い女を演じています。観るのは2度目です。前のは2007年に映画が上映される頃の海賊版がネットにUPされていたのを観たので、ストーリーを思い出して懐かしかった。

 子どもの視点から、世界が発見されていくことを描いています。大人は複雑で、いろんな事情があると知る話です。それでもサイドカーに乗った犬のようにすまして生きてゆく。役者がみんないい演技をしている。

 

 エンディング曲を聴いて、YOI の歌だって、初めて気づきました。

 

 この頃のYUIは可愛い。女の子って感じがする。いまはロックのほうに行ってしまったけれど、ぼくは初期のYUIが好きです。おっさんだったからか。(^_^;)

 少女から大人に変ってゆく年代は、格別です。社会が〈少女〉を性的対象にしているからでしょうか……少女→大人へ変ってゆく心情は男には理解できないものがあります。

 

 日本の男がロリコン気味に若い娘が好きなのは、芸能界の商業主義のせいもあるんだろうけれど、ずっと昔からの日本の文化を引き継いでいるという気がするのです。江戸時代でも浮世絵で巷の娘が人気になった。16、17歳で嫁に行っていたんだから、いまとは違うんだけれど。

 

 ぼくは自分が過ごした時代のせいもあってフォークが好きなんですが、男の歌よりも若い女の子の歌のほうが気持が落ち着く。快い。

 

とか

 

とかですね。

 

 すみません、いっぱいyoutube のリンクを貼って。

 

 当時、ぼくは底辺で、まともに仕事もしないフーテンで、日雇いで土方などのアルバイトをしていました。こういうフォークの世界に、自分とは違うのだというわだかまりを感じていました。「なんだよ」と同世代の彼女らに、むしろ怒りに近い思いを持っていたのです。

 でも、年をとると苦労は忘れ美しい思い出だけになってしまう、というのはほんとうです。あの頃「くだらない」と思っていた歌も、いま聴くと懐かしい。何か気持ちが落ち着いてしまう。「ああいう時代があったなあ……」という気分になるのです。年を取ったことへのごほうびかもしれません。

 

 日本の男のロリコン好みも文化です。

 ひとつの美学といえると思います。

 現実とは違う、ハレの世界。

 商業主義は、いつもその国の文化に基づいているでしょう。日本ではAKB48 とかが流行る。未成熟な女性が好きなのは、農耕民族のアジア的感性なのかもしれません。西洋では少女は大人ぶる。マリリンモンローのような女性が男の視線を集める。文化の違いがあると思う。

 

 初期の頃のYUI の歌が好きです。メロディとか歌詞が、女の子らしくて好きです。 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「枯れ葉」

 

ぼくはなぜ

落ち葉でないのだろう

赤く色づいて

枯れ

枝から落ち

朽ちて

土に戻ってゆく

そういう存在でないのか

いつも

自分が自分でしかないことに

苦しんでいる……

いやそれは

言葉だけのことでない

罪を

重ねた

取り返しのつかない出来事や

過去のことが

いまを作った

なぜ

自由でないのだろう

風に

ひらひらと舞い

谷川に向かって落ちてゆく

枯れ葉でなかったのだろう

 

 

  

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。

 いい週末をお過ごしください。

 また月曜日にお会いします。