読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

評論とかの文章は難しくって……  /

 

 おはようございます。

 今朝は雨が降っています。午前中は降るようです。ラジオ体操に行けない。しかたない、部屋ですることにします。^^;

 

 

          *                 * 

 

 

 昨日の文章を読み返していました。ぼくの文章は理屈っぽいし、説得調で、うるおいがない、おもしろみがない。自分が思うことを早く伝えたくて、急いで書いているような感じです。

 なぜ理屈っぽくなる?

 余裕が無いというか、自分の言うことが正しいと思ってほしい……ので、論理的に書こうとするからでしょう。くどい……とくに何かを主張したい時はそうなってしまう。

 

 文章って不思議です。書いた人の人間性が出るといわれます。

 気持に余裕がある人のほうが、のびのびとしているようです。おもしろいことも書ける。自分を笑い飛ばすこともできる。自虐的なことを書いても、読んで貰っている人に不快感を与えない。

 そんな〈遊びのある〉〈人間的にあたたかい〉文章を書きたいです。

 

 

          *                 * 

 

 

 社会時評的なテーマの文章は、一見、難しく書かれているのが多いです。そうなるのはわかります。専門的な、学術的な言葉も使わないと世の中を分析できないのでしょう。

 でもね、ぼくの言いたいことはそうじゃないんです。

 あえて難しく書いているんじゃないか、と思える文章のことです。

 専門的な言葉を多用したり、カタカナ言葉でごまかす、みたいな文章のことです。全体的な雰囲気は伝わってくるんだけれど、よく考えてみれば、一方的な偏見を述べているだけ……みたいな文章。ちゃんと分析されてなくて、「悪口みたいなのを並べているだけじゃん」という感想を持ってしまう文章のこと。

 

 政権を批判するリベラルといわれる人が書いた文章。

 ぼくが忌避してしまうのは、

の記事です。

 

 やっぱり、「自分が正しい」という視点から書いているからか……偏見じゃないかと思えるのです。そうでないと批判する視点を持てないのはわかりますが……理解はできるんだけれど、納得出来ない気持が残ったりします。(^_^;)

 

 ぼくは新聞をもう20年以上とっていなくて、ネットで社説を読むぐらいですが、マスコミの「自分たちは中立、公正」みたいな、上から目線も不愉快です。何十年も前から、政権を非難さえしていれば〈公正〉なんだ、と思い込んでいるような気がするのです。日本のインテリが、そういうものなんでしょうか。名指ししてしまいますが、『朝日新聞』の社説や『素粒子』というコラムの書き方がひどい。

 

 

          *                 * 

 

 文学評論とかの文章に〈難しく書く〉みたいなことが多いと思うんです……引用とかすればいいんだけれど、名のある人が書いた文章をあげつらうのはおこがましいことだし、ぼくの先入観や偏見に過ぎなくて間違っているかもしれません。

 でも、難しい言葉で、他人の作品を批評したり、決めつけたりしていることが多いです。文学理論というのがあって、それに基づいているのはわかりますが……

文学理論 - Wikipedia

 

 やっぱり、難しい言葉を使っていくことで、時代を切り取って新しい視点を生み出すこともあるのか、と思ったりもするのです……

 専門家のことはわからないけれど、言葉が含んでいた幅を広げるというか、新しく意味を付け加えることで、新しい理論が出てくるものでしょうか?

 たしかに「こういう見方ができるんだな」とか「そういうことだったのか!」と思わされることはあります。

 そういうことでは、文学的な専門用語を駆使することにも意味があるのかもしれないと思ったりします。

 

 

 ごめんなさい、結論がなくて、感想だけを並べただけで。

「なんか難しい表現の文章が多くないか」と思ったので、そのことを書いて考えてみたかったのです。もっと素直に書けないものかと思ったもので。グダグダですみません。

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 土曜日、日曜日も日記を書こうか、と思っていたのですが、やはり週末は空けたほうがいいようです。そのほうが余裕ができる。 以前のように月~金に書くことにします。

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。

 良い日曜日をお過ごしください。

 また月曜日に。