日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の底辺で生きてきて68歳になりました。貧困とか社会保障から落ちこぼれる人たちのために、社会が動いてくれたらいいのですが……いつも、自己中で理不尽な強者が勝つようです。自分を救うのはなにか、考えています。ネガティブなものも肯定する視点を持ちたい。いまはブログがあるので寂しくありません。訪問してくださる人に感謝しています。ありがとうございます。コメントをいただいた場合は相手の方のブログのコメント欄に書き込むようにしています。

今日は図書館に本を返しに行きます /

 おはようございます。

 木曜日の朝8時前です。

 ラジオ体操をしていた時に「やっぱり、每日、ブログを書かないと寂しいな」と思ったもので、書くことにしました。

 しばらく月、水、金に書くことにしていたのですが……

 

 ブログはなんでもないことを書くのが――いいんじゃないか、と思うんです。

 そんなにだいそれたものじゃないんで、つぶやきのようなものでいいんじゃないかと思います。

 それなら毎日書けますし、それで寂しくない。

 

 ぼくは自分で勝手に55歳で世間から引きこもったのですが、寂しくも感じます。それが本音です。どんなところで生きていても、人間には他の人が必要なんだな……と思います。

 

 まあ、それが、人というものですし……

 

 

 

          *                   *

 

 今日の日記を書きます。

 

 図書館に本を返しに行く予定です。

 じつは、借りていた本に予約がついていたのが今朝、延長するときにわかったので……それで今日返しに行きます。

 二週間近く借りていたのに、読まなかった……心が痛みます。ぐだぐだといろんなことで忙しかったもので。

 また、読みたくなったら借ります。

 

赦す人

赦す人

 

 という団鬼六さんの評伝です。

 団さんは有名なSMの大家です。

 いまのAVなんかから見たら、もう牧歌的なSMの初期の平和な時代の人です。この人から日本のSM小説が始まった。

 すこし恥ずかしい思いをして読むのが、醍醐味でした。

 

 もっと早く読めばよかった。

 でも、また借りる気でいます。

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。