読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

ディランの曲は好きですが…… 虐め社会に対抗する方法 / 「枯れ葉」

 

 おはようございます。

 新しい週の始まりです。そしてすこし寒い朝です。でも、これが平年並み。体を動かして、元気でやりましょう。

 

 

          *                 * 

 

 ちょっと書き方を変えたいのです。ぼくは理屈っぽいから……少しシンプルな書き方に。自分が思っていることに正直に、本音を書いていきます。ぐだぐだになるかもしれません。

 

 

 

          *                 * 

 

  ボブ・ディランが、今まで無視していたのにノーベル賞を貰うようです。「ありがたい。授賞式にも行く」みたいなことを言っている、というニュースを聞きました。それまでの態度は何だったのでしょうか?

 無視しないほうが得だと思ったのか……変節。

 実をいうと、失望しました……権威的なものを拒否しているのだと思っていました。是非はあるにしても態度で示しているんだろうと勝手に考えていたんです。いまさら、それはないだろうと思います。なんていうか、みっともないです。それでも曲はいいから困る。

 

 

 

 

  枯れ葉の歌を……ラジオでやっていました。

(そんなテーマで〈詩のようなもの〉を書いたので)

 

 

          *                   *

 

 

  世の中は、イジメの統計が発表されたり、ニュースでは国会議員数の削減のことが報道されたりして、騒がしい気持でいます。

 

 イジメは、この社会ではなくならないでしょう。

 大人の社会――会社でも苛めがあって、辞めたり自殺する人もいます。子ども社会も大人の生き方の反映のように思います。

 

 小学校や中学校の教育現場で、先生がイジメを知らないふりしているのは怖ろしいことだと思います。

 虐めるような者は学校にいるべきではない。そうしないと普通の子どもたちの迷惑です。別なところで教えるべきだと思うのです。たぶん心理的な歪みがあってそんな行動を取るんだろうから……特別な治療が必要です。イジメとかいって、認めるべきではありません。治療が必要なのです。そうでないとロクな大人にならないでしょう。

 

 

 

  こんなに大きな数になったことも関係者にいわせると「啓発の結果」という認識らしいです。何なんだろうか…… 

 

【2016統計】なぜ職場のいじめや嫌がらせは、年々増え続けるの?

 

 

  他人を虐めることが当たり前になっている社会は、唾棄すべきです。虐めたり苛められたりする社会はよくない。そうでない社会であってほしい。

 

 

 他の人に訴えても、なんの助力も受けられないようなら、個人的に追い込まれないように、そんなところからは逃げたほうがいいのです。苛めるような人間を真剣に相手にする必要はありません。

 

 なぜ「逃げろ」というかというと、逃げることは弱い行為ではないからです。

 

 先生も会社も、教育委員会も労働基準局も虐めにちゃんと対応してくれないなら、個人でやるしかない。そのいちばんいい方法は逃げることです。

 すでに学校に行かない不登校児童は普通に存在するし、引きこもりも普通です。

 

 どんなところでも生きていけるのです。新しい世界は自分で作れます。

 強くなったほうがいいし、ほんとうは誰でも強い。

 社会が助けにならなくても、自分で自分を助ける。自分で生きていく道を作る。

 

 虐める人間は、あなたが悩んで、落ち込んで、苦しむのが楽しいのです。そんな人間を相手にする必要がない。違うことろで生きるべきです。

 自分の気持ちが穏やかなほうがもっともっと大切です。

 自分を大事にしましょう。

  違うところに道はあるんですから。

 

 

 

  

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「枯れ葉」

 

山道は

どこまでも続いている

橙色

赤の

枯れ葉が積もって

道は

埋もれて

色彩の

不思議な国だ

そこを歩く

木は

枝を伸ばし

互いに手を取り合って

葉はひらりと

落ちかかる

手にとると

縁は縮れ

曲がり

くねって

足下に

濃い茶色に

なって積み重なり

いつかは

腐葉土に変わっていくのだろう

そばの

下草の葉っぱも枯れた色

深呼吸すると

枯れ葉の匂いでいっぱいだ

遠くまで

色づいた

木々の

トンネル

 

 

  

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。