読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

図書館で小説を借りてきました / 「夜明け」

 

 おはようございます。

 暑かった日が続いたのですが、今日から平年並みになるようです。寒気が北から下りてくるので。

 少し寒い朝です。

 

 

          *                 * 

 

  小説が読みたくなって図書館に行ってきました。最近、小説を読んでいないのです。

 

 借りた本は、

スカイ・クロラ (中公文庫)

スカイ・クロラ (中公文庫)

 

  

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)

 

  の2冊です。

 『スカイ・クロラ』のこの帯の言葉に惹かれました。

僕はまだ子供で、

ときどき、

右手が人を殺す。

その代わり、

誰かの右手が、

僕を殺してくれるだろう。

 ちょっとパラパラとめくってみたのですが、短文で読みやすく、シーンが詩的なようだ。それで借りることにしたのです。

 昔、アニメを観たことがあったのですが……そのときは意味がわかりませんでした。ほかのSF的なアニメにも詳しくないし、ジブリのアニメしか観たことがなかったので……

 それで読んでみようと思ったのです。本なら内容が入ってくるかもしれない。

 

 

森博嗣 - Wikipediaって、こんな作家なんですね。すごく興味深いです。推理小説を読んだことがないので知らなかった。

 

 

 

 Amazonのレビューに書かれてあったのですが……親切です。 

刊行順に読むならば次の順番です。
 1.「スカイ・クロラ
 2.「ナ・バ・テア
 3.「ダウン・ツ・ヘヴン
 4.「フラッタ・リンツ・ライフ」
 5.「クレィドゥ・ザ・スカイ」

もし、時系列順に読むならば次の順番です。
 1.「ナ・バ・テア
 2.「ダウン・ツ・ヘヴン
 3.「フラッタ・リンツ・ライフ」
 4.「クレィドゥ・ザ・スカイ」
 5.「スカイ・クロラ

私は、刊行順に読んでしまったので、謎を解く時点で相当混乱してしまいました…。 

 5巻あるんですね。2冊しか棚になかった。 これらを読んでみて面白かったら、続けて読みたいと思います。

 

 最近、小説を読んでいないので、そういう脳の働きになっていない。老人になると目も見えなくなって読み物を読むのが面倒くさくなる、という世間でいわれていることがあります。ぼくも、読んで、まともな感想を書けるかどうかわかりませんが、なにか感じたことがあったら書きたいと思います。

 

 

  

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「夜明け」

 

神社の石段から

見ると

山の向うから

太陽が

上ってくる

強い光で

空を透き通らせ

中心は白光し

周りに

黄色の輪を作り

その外側は

薄い紫に

染められている

浮かんだ雲を

貫いて

新しい日の

夜明けを告げている

集落の

畑のビニールハウスは

露に濡れて

光り

柿の木は

影になっている

冷気が

里を

深い静けさに

包む

どこかで

鶏が鳴いている

 

 

  

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。

 よい週末をお過ごしください。

 また来週の月曜日にお会いします。