読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

世界の経済は行き詰まっているようです / 「虫の声」

 おはようございます。

 いま5時前です。今朝は寒い。天気予報を見ると、6時の最低気温が17.1度、15時の最高気温が26.7度になっています。秋の気配です。

 

          *                   * 

 

という記事を読んでいたんです。ドイツ銀行が破綻するとリーマンショック以上の大きな影響が出るそうです。

 また恐慌か……という暗澹とした気持ちになります。

 

 庶民は自分たちがしたのでもない経済界の何々ショックに振り回されます。経済の専門家がやっていることだから、文句もつけられないし。不景気のつけを払わされるのは、いつも庶民です。

 

 このサイトの記事がわかりやすいです。

 銀行の破綻は、国が救済しなければなりませんが、ドイツができないとなると、欧州とかアメリカとか日本が共同して穴埋めしなくてはならないのでしょうか……

 

          *                   *

 

 

 このまとめサイトを見ても、中国も問題だらけです。 

 中国が破綻すると投資している世界の国の経済に迷惑をかけるだけでなく、飢えた難民が周辺国に逃げ出し混乱するでしょう。中国共産党は政治的な責任を取らないでしょうし……また、無責任に日本やアメリカに頼ってくると思います。

 その前に、戦争を仕掛けてくるか……戦争をすると国内の不満を抑えられるからです。

 それが内戦に転化するかもしれない。巨大な人口を抱えている国が崩壊するのは怖ろしい。

 

 

 中東などの難民も不幸ですが、これ以上世界で難民を作ってどうするのか。世界の政治がうまくいっていない。グローバル資本主義の帰結だとしても、止めてほしいです。

 

 いずれにしても、庶民にできることは生活の自己防衛だけのように思えます。

 豊かさの裏には常に貧しさがあるんですよね。金融資本主義のバブルは必ず崩壊しますから。

 21世紀は〈希望の時代〉なんていわれたこともありましたが……19世紀や20世紀のつけを払わされるということでしょうか。日本はアベノミクスでまだ経済成長の夢を見ていますが……

 

 

 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「虫の声」

 

遠くの草原から

リーンリーンと

虫の声が聞こえる

かすかに

違う世界に

誘うように

背中には

ごつごつした石が当たって

寝つかれない夜

ここ谷川の

河原に

テントを張って

ひとりで

横になっている

水の流れる

音のほうが大きいのに

その合間に

小さな虫の

ささやく声が聞こえる

目が覚めてしまった

外に出たら

星がきれいだろうか

天の川が見えるだろうか

静かな夜に

ひとりでいる

 

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。

 楽しい週末をお過ごしください。

 また、月曜日に。