読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

強欲なシステムのもとで / 「洞窟の部屋」

 おはようございます。

 昨夜は早く寝たので4時半に目が覚めてしまいました。

 タイガースはまた負けました。ぼくはべつにファンではないですが、関西人なので、阪神タイガースのことは気になるんです。これは環境に流されている、ってことですよね。 ^^;

 

 

  いろんな省庁でそれぞれの利権があるけれど、総務省NHK利権です。 官僚の天下り先になっている……

NHKは金の亡者で、強欲だなあ」という感想を持つぐらいでしょうか?

 とにかく、視聴することがなく見ていなくても「金を払え」といえる立場というのは強いです。電波を勝手に流しておいて、「見なくても金を払え」というのですから、ヤクザと同じです。

 

 以前からいわれているように、スクランブルをかけて、見る人と見ない人を区別すればいいだけの話ですから、そうしないのは、強い立場の者が金を合法的に強盗しているということです。

 

 そんなにお金がほしいなら、なぜ、税金にしないのか? NHK税にして困ることがあるのでしょうか?

 国営放送になると、放送の責任を負うことが嫌なのでしょうか? NHKの製作態度をみると、中国、韓国の主張そのままですから、国営放送になったら日本を貶める工作ができなくなるのが嫌なのではないかと邪推してしまいます。

 

 

    *                     *

 

 

 社会というのは政治的主張にあふれているものだなあと思います。

 政治がこれだけ社会を動かす核心になっていることは「変だ」という思いがあります。

 そうなっているのは、利権を誰が握るかが注目されるからでしょう。

 政治は利権の争奪戦みたいなものです。

 誰かが得するために、ごちゃごちゃした争いが起こる。またそれを楽しむ人がいる。人の社会はそんなものかも知れませんが……

 

 ぼくは底辺で生きていて、ずっと、「生き延びるだけの穏やかな貧しさでいいのになあ」と思ってきました。争うほどの豊かなものはいらない。

 

 人間とか、会社とか、社会とか、国は、強欲です。

 資本主義というシステムが原理なので、そうならざるを得ないのはわかりますけれど。

 人から大切なお金を徴収するなら、受益者負担でありたいものです。

 

   

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

 

 

 

   「洞窟の部屋」

 

嵐のあいだ

三日間

洞窟で暮らしたことがある

潮の匂いが

いっぱい

漂い

水滴が

天井から落ちた

入り口から

波が騒ぐのが見えた

白い波頭が

押し寄せては

退いていき

鳥が

曇った空を

回って飛んだ

魚がいるのだろうか

雨が降りこんで

床が濡れて

背中が冷えた

風に翻弄され

貝や海藻を

取りに行くことさえできない

じっと

嵐が過ぎるのを待った

それが自分に

どれだけ大事だったか

忍耐する

希望を与えたか

蝋燭の光で

濡れた岩が輝き

あたりは

宝石でできた部屋のようになった

 

 

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。