読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

環境がその人を作る / 「夕日」

 おはようございます。

 相変わらず暑くて寝苦しい……のは、大阪が盆地になっているからだと思います。少し郊外に出れば涼しくなるんだろうと思うのです。

 

 ぼくらは生活のなかで〈その人がそう考えている〉と思いがちですが、そうではないと、時々、思います。

 ぼくが思うこと……

  • 人は環境の影響でそうなっていることが多い。
  • 思想とか、その人の考え方よりも、その人が育った環境がその人を作り上げていると思うのです。
  • もちろん、考え方とか思想とかは大事ですが……それ自身で成立してはいないだろう。
  • 人の生育環境とか周りが、その人を作ったのだろう。

 

 その人が他の人よりもよく考えているから、深く考えているからその人の考えが貴重で重大だ、と思ったりすることが多いのですが……そうではない。

 だいたい人が考えることは似たようなことです。

 その発想を与える〈環境〉にいたことが貴重です。

 

 ぼくは〈自分なりの仏教徒〉として、人はみんな同じだと思っています。誰かが他の者より偉いとか、よく考えているとかはないはずです。

 

 その人が偉いように見えるのは、周りがそうしているからです。

 大学教授は偉い人のように思えるのですが、大学教授でないと意味が無い。

 それと同じように、職業も、聖職者も、役割も……環境から与えられたものです。

 

       *                 *

 

 

 ぼくはヘンリー・ダーガーが好きなのですが……彼は彼自身でしかなかった、からです。

 

 いまの時代は、社会生活を営んでいたとしても、〈意識としてはアウトサイダー〉と感じている人は多いのではないかと思います。 生きにくい、と思ってるから、アウトサイダーに共感を覚える。

 共感することを軸に考えたら、このあいだの相模原市の障害者虐殺などの事件は起こらないと思うのです。

 

 表面に表れたものより、裏側に何があるのかですよね。

 

 

 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「夕日」

 

夕日が

最後の光を放ち

海に溶けてゆく

厚い雲は

射られて赤く燃え

岬の先端も赤に包まれ

水平線の向うに沈む

岩が連なって

波が打ち寄せるところに立ち

自然が作る魔法を見ている

波の色は暗くなり

泡だけが白く

浮かび

岩を洗う波も

もうすぐ

闇に見えなくなるだろう

どこへ行こうか

考えてしまう

防波堤の裏に

寝袋を広げる場所があったか

岬が始まるところは

家が集まった漁港だ

船に灯りが付いている

たぶん夜に

出港するのだ

そして海は祭りのように明るくなる

どこか邪魔にならないところで

寝たい

誰にも見つからないようにする

自分の夢が

壊れないところがある

 

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。

 

 また23日(火曜日)にお会いします。じつは日曜日にやらなくてはならない用事ができました。それでいつもは日曜日に書いていた月曜日の記事を一日延ばしにします。

 来週からは火~金に書くブログにします。

 だいたい同じようなことを書いている老人の日記なので……月曜日が一日無くなっても変わりないです^^;  よろしくお願いします m(_ _)m