読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

暑さ対策 / 「モミジ」

 おはようございます。

 いま5時前です。今朝は涼しいです。こういう朝はいいのですが…… 

 

 いつもは夜になっても25度を超える熱帯夜が続きます。寝苦しいです。扇風機を回していても温度は下がりません……

 窓を開けて、ドアをすこし開けて寝ています。風が通るようにしているのですが、四畳半の古いアパートですから、もともと夏の暑さを考慮して作られていないのです。昼間は瓦屋根からの熱で、熱風が部屋にたまりますし、風がないと熱が引かない。

 何度も暑さについては書いているのですが……これだけ暑いと、つい同じようなことを考えてしまうんです。(^_^;)

 

 大阪の多くの建物やマンションが、クーラーを使っていることが、ヒートアイランドの原因なのだと思います。

 

大阪府/ヒートアイランド現象とは?

 

 エネルギーを消費して熱が出ているのに、それを吸収する場がないのです。道はアスファルトで固められているし、公園に木が少ない気がする。もっともっと自然だったら、もう少し熱気をなんとかできるでしょう。

 

 都会っていうのは、自業自得のことをしている、みたいに思います。最初から問題が多い。人が多く集まっているんだから当然でしょうけれど。

 

          *              *

 

 全体でよくなる、なんてことは、なかなかできませんから……(個人は社会の影響に左右されるだけの小さな存在ですから)……それで、個人的な解決としてできることは、自分でできる工夫だけです。

 人生と同じです。

 社会とか世界とかは、こちらの働きかけでは、なかなか変わってくれない。それ自身の法則みたいなもので動いているので、個人で物事を解決するしかない。

 

 ぼくが部屋でしていることは……

  • 裸で過ごすこと
  • 濡れたタオルで体を湿らせること
  • 扇風機を天井に向けて回すこと
  • 水を飲むこと

 

 ぐらいです。裸でいることほど、暑さ対策に有効なものはありません。霧吹きで体を濡らしてやるという方法もあるんだけれど、ぼくの体験では、濡れたタオルで体を拭くほうが冷たいようです。

 ぼくは老人で、働いてもいないし、そんなので部屋にいるのですけれど……外で働いている方たちのご苦労をお察し申し上げます。

 

 まだまだ、暑い日が続くようです。

 公園の木陰には老人たちが何をするでもなく座っています。風があれば外のほうが涼しい。

 部屋で我慢できなくなったら、図書館に行こうと思います。……どんなことでも解決の道はあります。 (^^)

 

 

 

 

 

 

  ……             ……              ……

 

 

   「モミジ」

 

色づいたモミジや

カエデの枝を

かき分けて行くと

滝が見えてきた

ビルほどの

崖から

落ちる水は

岩によって阻まれ

枝分かれして

滝壺に雪崩れ込む

水の匂いが満ちて

冷気が

ぼくを包む

服を脱ぎ

裸になって

滝に打たれると

自分は攫われてしまう

立っているのもやっとだ

凍えるような水に

体を鞭打たれ

限りなく

遠くに

行ける気がする

どこに自分のものがあったろう

すべて与えられたものだ

それを知る

落葉が

水面を赤く染めて

谷川を流れてゆく

命が流れていくのだ

そして

新しくなる

岩で切り分けられ

また合体する

モミジの葉たち

どこまでも流れていけ

ぼくもまた

新しくなる

 

 

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで平和でありますように。