読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

公園の木を調べに ^^; / 「荒れ地で」

 おはようございます。

 蒸し暑くって寝られませんでした。ラジオを聴いていて、午前二時まで起きていたのでそれから寝るのも大変でした。足も痛かったので……昨夜から、鎮痛剤を飲むのは朝だけにしようとしたのです。

 

 

  昨日は、

よくわかる樹木大図鑑―葉・花・実・樹皮

よくわかる樹木大図鑑―葉・花・実・樹皮

 

 という本を借りていたので、公園に木を見に行こうと思いました。

 

 セミがうるさいほどせわしく鳴くなかを、公園に向かおうとしましたが、近所の〈つるの橋〉記念碑の前を通ったので、「まず木の写真を……」と思ったのが運の尽き、蚊の攻撃にあって刺されてしまいました。

 かゆいのを我慢して公園に行ったのですが、集中できず、また、木の名前をすぐに探し出すことも難しく、ひとまず撤収です。

 

〈つるの橋〉です。この木は桜です。春は桜吹雪になります。

f:id:san-sai:20160723095749j:plain 

 

f:id:san-sai:20160723095853j:plain これはヤツデです。

f:id:san-sai:20160723095926j:plain これはアオキみたいです。

f:id:san-sai:20160723095936j:plain

 これ、後で調べようと思って写真に撮りました。ハナイカダのようです。

 

 

 それで、桃谷公園に行きました。

 

f:id:san-sai:20160723101159j:plain この木は、サルスベリ

 

f:id:san-sai:20160723101615j:plain これはクスノキ。

 

f:id:san-sai:20160723102021j:plain

 図鑑で調べたらイヌガシみたいなんですが……

 

 なんの木かわからない……これもクスノキなのか。

f:id:san-sai:20160723102156j:plain

 

 

 木の名前を知るのは難しいです。子どもの頃から親しんでないので……大人になっても苦手です。全般的に知識不足です。自然に近しい生き方をしてこなかったからでしょう。よくわからないんです。

 それでもいいか、と思ったりする。いつか、なんとなくわかるときがあるかもしれない。それを待とうかな、と。図鑑で調べて無理にでも知ろうとしたら、できるのかもしれないけれど。

 

 ラジオ「雑草にも名前がある」の放送に出ていた人が、名前を知るコツを喋っていました。

 だいたいその場所で、その季節に、なんの花が咲いているのか、どんな草があるのか、あらかじめ予想を立てておいて、絞り込んでいくのだそうです。  

 

 

 また、挑戦したいと思います。 

 今日は、蚊に刺されてかゆいからダメです。また、できるような日に行動することにします。ぼくはヘタレです。

  中途半端でごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

  ……              ……              ……

 

   「荒れ地で」

 

朽ちた葉を踏み

暗い杉林を

歩いてきた

いつしか道はなくなり

土砂崩れの跡に出た

木の枝をつかんで

崖を下りた

谷川を埋めるほど

倒木が

折り重なりっている

両側から

山がせまっている

ここには

人の影もなく

尖った岩が

ごろごろしているだけだ

水は細く流れているが

流木で隠されて

もう川と呼べない

河原だったところに座る

ススキがところどころに生え

そこだけ砂利が白く乾いている

鳥の声も聞こえない

ここにいよう

斜めに突き出した木で

空も見えないほど

狭い空間は

ぼくに似合っている

ここで

背中を折って

丸くなっていよう

もう

奥には行けない

 

いつか

自分と出会おう

それから

すべて

許してくれる

愛する人を探したい

 

 

 

 

 

 

(いつまで山や海をモチーフにしてるの、と呆れている方もおられると思います。でも、ぼくが描きたいテーマは〈自然〉と〈旅〉と〈自分は何者か〉なのです。ひとりで放浪した野宿旅が自分を作ったと思っています。ですから、これからも自然との交感を描けたらと思うのです。よろしくお願いします m(_ _)m)

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。