読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

天皇陛下のお仕事 / 「足跡」

 おはようございます。

 九州から東海にかけて梅雨が明けました。昨日ラジオで「梅雨明け十日」という言葉を解説していました。

梅雨明け十日とは〜梅雨明け十日の意味 登山用語

  今日も暑くなりそうです。

 

 

 天皇陛下のご公務とは何だろう、と気になりました。ぼくたちはテレビで見るニュースでしか天皇陛下のことを知りません。福島の津波被災者や熊本の地震被災者をお見舞いされているお姿を拝見したり、文化勲章を授与されていることとか、歌会始園遊会などを主催されていることです。

 それで検索してみることにしました。

 

宮中祭祀 - Wikipedia

 

宮中祭祀 - 宮内庁

 

 報道はされないですが、普段、行われているこうした祭りごとが重要なことだろうと思います。天皇陛下は祖先の霊を慰め、国家の安寧と国民の幸せを祈られています。それはすごいことだと思うのです。天皇家に生まれた義務としても……

 

 こうして宮内庁のホームページを見たのは初めてです。格式というか、権威的なものを感じ、窮屈そうだな、と思います。皇族の方々は、ご公務に追われ、ご自由に過ごされることなどないでしょう。それが皇族家に生まれた宿命としても、たいへんなご苦労でしょう。将来は、皇室がもっと開かれて、皇族の方の自由の幅が広がればいいなと思います。

 

 ぼくも質問者ぐらいの認識しかありませんでした。あまりにも自分とは立場が違うからです。

「人に会う仕事」というのはたいへんですよね。ご苦労を推察できます。

 

 

天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)

天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)

 

  Amazonのレビューを読んで、共感しました。

 やはり、興味本位ででもいいから、なにをされているんだろうということから入って、その仕事の重要性や意味を考えるのは大切なことだと思います。それが、日本の国とはなにか、とか、人が生きるというのはどういうことか、ということにつながってくるだろうと思うのです。

 

 

 

 

 

 

  ……              ……              ……

 

 

   「足跡」

 

岬の影に

夕日が沈んでゆく

最後の光が

浜辺まで

伸びてくる

ぼくは

堤防の下の

石に座って

ぼんやりしていた

ここまで来た

仕事も

家族も

知り合いも

捨てて

何を得たのか

ずっと考えているが

わからない

ひとりで

なにもできない

後悔で

いっぱいになって

許してほしいと

叫びたい

でも

これが

自分の人生なのだ

ここから始めるしか

ないのだ

誰かが歩いたのだろう

砂浜に転々と

ついた足跡が

向こうの岬にまで

続いている

もうすぐ闇になる

明日は

足跡を辿って

歩いて行く

 

 

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。