読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

攻撃的な他人との人間関係は / 「自分への質問」

 おはようございます。

 雨が降ってきてラジオ体操に行く途中で帰って来ました。午後には天気は回復するそうです。朝、散髪をしました。バリカンで刈るだけですが ^^; 

 

 

 昨日は集団について考えたのですが……人間はグループを作るので、そこに加われなかったり、除け者にされたりして、生きていくうえで人間関係で悩むことは多いと思います。

 ずっと社会の下層で日雇いの作業員をしていたので、攻撃されたり、除け者にされた体験があります。それで体験からこのような考えになったのですが、間違っているかもしれません。

 

 なぜなの? というような態度をされることがあります。

 原因はよくわからないのですが……たぶん、自分への……その人の気持が収まらずに攻撃の的にされているからだと思います。

 人は動物ですから、自分のテリトリーを侵されれば攻撃的になりますし、自分の思い通りにならなければ八つ当たりする大人げない人もいます。

 

 このページは、ぼくが心の指針にしている『幸せのホームページ』の解決策です。

人間関係の悩み − 悩みのヒント

 このように考えることができれば冷静にいられるのではないかと思います。大事なことは〈自分がいちばん大切だ〉ということです。自分を大事にするために自分がある。

 

勝とうとしない、でも負けない:人間関係の悩みの心理(心理学総合案内こころの散歩道)

 

 他人はあなたのことを考えてくれません。愛してくれて、あなたを思ってくれる人だけが、あなたのことを考えてくれる。いま悩んでいるということは、他人があなたに攻撃的で、思いやりを持たないということが、はっきりわかったということなんです。こじれた関係になってしまって、他人はあなたを愛していない……むしろ攻撃してきている、そういう関係になったということです。

 そういう関係に、なにを望むことがあるのでしょうか?

 離れるなら、それでいいし……

 元の鞘に納まりたいなら、そのような行動をすればいいだけのことです。

 大事なことは、他人のために自分がいるわけではないと気づくことです。

 

 自分を救うのは自分だけです。自分を愛してくれるのは、自分だけです。

 

 もちろん、自分のために他人がいるわけでもないので、〈自分は自分、他人は他人〉というテリトリーをはっきりさせるべきです。

 他人に期待しても無駄です。それは〈期待とか望み〉とか、きれいな言い方をしていますが、他人に対して、自分の都合のいい人になってほしいと願っているだけだと思うのです。他人は他人なので、変わりません。

 こうしてほしいと思っても、相手はしてくれない。他人には他人の都合があるのです。それことがあなたには理不尽に見えるとしても……

 

 国際関係と同じで、〈正義〉はない。ただ現実の力関係で、人間の関係が成り立っているだけだ、と思うのです。ぼくはずっと底辺で生きてきて、そう思います。〈強い立場の者が勝手なことをしている〉そう思えます。

 

 自分が正しいと思う基準を、相手に当て嵌めるのはよくないことです。

 相手は、人間関係のルールやエチケットを破り、迷惑になるような、他人を思いやれない人かもしれません。でも、それでいいのです。他人は他人の都合で生きているので、相手の世界ではそれが正しいのです。

 絶対的な〈正しさ〉とか〈公正〉はない。

 ただ、ただ、力によるバランスという人間関係があるばかりだと思うのです。相手も認め、自分も認めなくちゃならない。

 そして、お互いが傷つかない、苦しまずに済むようにする解決策を考えなくてはならないでしょう。

 

  心理学でも問題解決の対処法を解説しています……

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

  心理学で解決できるなら、それはいいことですが……現実は、自分と相手との力関係が変わらないと、改善できないと思うのです。

 

 

 困るのは、相手が、明確に悪意を持ったヤクザのような人の場合です。 

 相手は人間関係のベテランで、他人を追い詰めるゲームをするハンター、狩人なのです。そういう犠牲者を狩るゲームに巻き込まれた場合です。善良な者と悪意のある者が戦えば、悪意のゲームをするものが勝つでしょう。非人間的で、冷酷な者が勝ちます。

 残念ながらいまの民主的な社会では、悪を目覚す者を止めることはできません。ヤクザはゲームにおいて一枚上手です。ヤクザに勝つには、人間を狩るゲームをさせない客観的な大衆の意志が必要ですが、社会のシステムがそうなっていない。悪を目指す人を止めることはできないのです。ただ、自滅するのを待つしかない。悪は、〈自分が得をする〉とか〈人を苦しめる喜び〉などの目的を達した後……必ず自滅します。悪を止めることはできないけれど、悪は自滅します。ですからなるべく関わらないようにするしかないのです。

 

 

  いろんな人がいて社会を構成しているので、いろんなことがあることを認めたほうがいい……というのが、ぼくの気持ちです。悪が大手を振ってまかり通り、あつかましい人が得をする……そんな辛いことも多いですが、幸せなことも多いと思ったほうがいいかもしれません。人生、様々だと思うのです。人間関係を過大に考えないほうがいい。自己愛の障害に陥っているような悪人はつまらない人生しか送れないのですから。

 

 

     ……           ……           ……

 

   「自分への質問」

 

カラスは空を舞い

猫は悠々と歩いているのに

すべての道はアスファルトで固められている

それが街の風景

歩道の植木の根本にしか

土はない わずかに

雑草が生きる

それを見ている

自分がいる

タンポポと 名前の知らない草が伸び成長して

ああ いいなと思う

もっと伸びよ

 

地表を覆ってしまったのはなんのためだったのか

いつ

素足で歩く喜びのようなものを

捨てたのか

子供時代を思い出せ と

違う自分が

問いかけてくる

このように生きよ と命令してくるものに

それでいいのかと思う

 

いつか

ここから出て行こうと思う

できるだろうか

 

 

 

 

  ………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。