読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「膝 痛み ストレッチ」を検索しました / 「生きる場所」

 おはようございます。

 今日も暑くなりそうです。天気予報では真夏日になるとか……

 

 10日ぐらい前から左足の膝が痛くて、朝、ラジオ体操に行く時に気になるのです。

 それで検索しました。ネットは便利です。病気かな、と気になるどんな症状についても詳しく教えてくれます。自己診断できます。おおよそのことがわかるので、お医者さんに行く時にも安心感があります。

 すこし膝が痛いくらいなので、ストレッチすれば自分で治せるでしょう。

  

 

膝の痛みに効果的な運動法�A『関節の柔軟性を高めるストレッチング』

 

 

 

 

ひざイキイキ | おうちでできる簡単エクササイズ | 生化学工業株式会社

 

 

 これらのサイトを読むと、いつも筋肉を柔軟にしておくことが大事なんだな、とわかります。

  • 日常生活でストレスを溜めないこと。
  • 同じ姿勢を続けて筋肉を疲労させないこと。

 

 ほんのちょっとしたことを、気をつけるようにすることだと思う。自己管理しないと……体は正直ですから、無理をした結果が出てくるんだと思うのです。

 

  体の一部が自分の思うようでないと、気分がよくないのです。気になって憂鬱になる。たぶん、自分の体のことは〈自分で責任を持つ〉のでないとだめなのです。自分が自由に動かせるようにしておく。

 病気になったり、不意の事故で、不自由を強いられることもあるでしょうが、それに負けないで生きていかねばならない、と思っています。

 

 思い返してみると……51歳のときには椎間板ヘルニアになり、神経にさわって、横になったまま1周間動けませんでした。トイレに行くのにも歩けないほどだったのです。寝返りをうつのも、そっと……じわじわとしか動けなかった……いま、思うと、信じられないですが……

 その2年ぐらい前から、足裏に包丁がささるような痛みがあったのですが、健康保険証を持っていなかったので医者にかかれませんでした。最初は100メートル歩いたら、休むというぐあいだったのですが、そのうち30メートルも歩けなくなり、しゃがまなければ痛みに耐えることができませんでした。

 

 そのときは、その病気がすべてになっていて、意外と他のことは考えませんでした。気が張っていたのです。いろんなことが心配になるのは、余裕ができてからです。

 

 体が悪いのは、辛いことです。

 本人しかわからない辛さがあります。他人にはわからないことなので、しかたないのですが、どうしても苛々したり、自虐的になったりしてしまいます。

 体の健康は大事です。若い時はわかりませんけれど。

 病気は、その人が代表して〈他人の代わりになって苦しんでくれている〉存在だと思うのです。苦しみを引き受けてくれている……

 

 たぶんあらゆる苦しみがそうなんでしょう。

 

         *           *            *

 

 サイトで教えられたストレッチをしています。すこし良いようです。そのうち痛みもなくなるでしょう。

 昔は、肉体労働していたから、けっこう運動していました。いまはほとんどしていないから……やはり、体を動かすというのは大事だと反省しました。パソコンばかり見ていたらだめみたいです。^^;

 

 

   ……            ……             ……

 

   「生きる場所」

 

みんな 他人を裁いているだろう

 

つきあい辛い人 思いやりの無い人 楽しくない意固地な人

自分勝手で傍若無人な人 やくざのような人 悪意がある人

 

それらの人から離れたい……

できれば会いたくない 逃れたい

 

それは被害者意識なのか

苦しみから逃げたいだけなのか

自分の中に そう問う者がいる

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。