読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

政党助成金とか政務活動費はやめてほしい / 「酔って」

  おはようございます。

 

 昨日も暑い日でした。連日、夏になったような日が続くので、すこし焼酎とかビールを飲んだので二日酔いになってしまって、不調です。

 なぜお酒に溺れたのかといえば……この世間の有り様を考えていたら嫌になってしまって、その気分を一掃したかったからです。

 

 こんなサイトがあるのですが、舛添都知事の嘘もひどいし……そういうことがまかり通っている世間(人が思い描く理想とは程遠い)が続いていくだろうし……なんか嫌になってしまったのです。

 

 政治家って品性下劣です。

 でも、建前をいって当選する。

 政治家はそういう下品な人間がなる職業になってしまった……

 社会がそういうシステムで動いている。

 ニュースとか見なければいいんだろうけれど、この社会で生きているとそういうわけにもいかないし……

 

 ぼくはもともと社会の底辺層で働いて生きてきたから、上の人には期待していないのですが、嘘とか、居直りがひどすぎて、絶望的な気分になります。見てられない。嫌悪感を覚える自分を無力に思い憂鬱な気分になってしまう。

 舛添さんだけでなく、多くの人が政治に懸かったお金だと嘘の報告をしているようです。もともとは税金で誰の金でもないので、私利私欲に使えるならそうしたい、ばれなければいい、という感覚なのでしょう。ばれても訂正して返せばいいだけだし、罪の意識はないのです。

 

 社会に正義はないと思っていますが……こんなことが公然と行われていると、嫌になります。

 

 いや、もっと大きな悪が社会を牛耳っているのでしょうが……

 

        *           *           *

 

 それで……けっきょく、ここに戻ってくるのですが……個人としてどう生きたらいいのかという問題です。

 政治家は下品だし、企業のやることも信用出来ないし、なんか頼るものがない。

 ぼくのような役立たずの老人にとってはいいのですが……まだまだ生きていかねばならない若い人たちが可哀想です。鬱屈の持って行く先がないでしょう。

 

 北欧では政治家に報酬を払っていません。政治はボランティアなのです。

             (リンクさせていただいて、感謝しています)

 

 

 

 

 でも、見方を変えたら――

 マスコミが健全だから、政治家とか企業の不祥事が暴かれているともいえるのかもしれません。問題が頻発しているのは、よくなろうとする運動の表れともいえます。

 仏教的諦観で考えたら、「どんな社会にも問題があって、残酷で悲惨ですが……それを越えて行けるのが人というもの」かもしれないです。

 

 日本はまだ豊かで文化的で、人情がある良い社会です。独裁国の住民のように悲惨な状況に置かれていません。世界にはまだまだ苦しいことがいっぱいある。

 

 それでも、最近の政治家には不快感を覚えてしまいます。

 よい政治家を選挙で選ぶしかないのでしょう。

 怒っていてもしかたないので書きませんが、企業もろくなことをしない。コンプライアンスはどうなっているのでしょうか? 

 検索して事件へのリンクを並べたら、多少はましな文章になるのでしょうが、無気力になっているのでやめました。(^_^;) すみません。

 

 

   ……           ……            ……

 

   「酔って」

 

酔って道に倒れていた

夜 寒くなって 気がついた

金はなかった

服は泥まみれだった

灯りがぼんやりと

滲んで見えた

ぼくが

救われるのか

そんなことがあるのか

 

 

 ………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。