読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

救助するヘリの映像を見て /

 おはようございます。

 今朝、窓から外を覗いたら曇っていたので、だいじょうぶかと思っていたのですが、ラジオ体操に行く頃には晴れてきました。道路はまだ水溜りができています。

 このブログで、「なぜ?」と思ったことを取り上げていきたいと思っています。

 

 

 孤立した南阿蘇村で、最初に女の子を救けている中継で、自衛隊のヘリコプターが着陸せずにワイヤーで吊り上げて救助していました。なぜなの? と思ったんです。同じように考えた人も多いと思います。着陸すれば簡単ではないかと……

 そういう疑問を抱いたので、調べてみました。

 

 いろんなサイトを読んだ結果、この答えがすごく詳しいと思いました。

 ぼくらの知らない所で、いろんなことが行われているんだな、とわかりました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

www.youtube.com

 

 

 物事は表面から見ていたら本質はわからないものです。いろんな意味が隠されたり、試されたりしているのだな、と思いました。

 

        *             *             *

 

www.asahi.com

 これは18日に配信された朝日新聞オスプレイの災害支援物資搬送についての記事です。水曜日にリンクさせていただいたサイトの基になった記事です。

 ぼくは慰安婦問題や南京虐殺問題を捏造した朝日新聞が嫌いなのですが、なぜかというと、この記事をよく読むと非常に政治的であることがわかります。必要が無いのに実績作りのためにオスプレイを使った、と主張しています。これは客観的な視点からの記事でないのは明らかです。自衛隊に反対し、米軍に反対する立場で書かれています。そういう方向へ読者を誘導するために書かれた記事でしょう。

 マスコミは、よく「わたしたちは中立で客観的な報道を心がけている」みたいなことをいいますが、こういう偏った一方からの視点でしか記事を書けない自分たちは問題だ、となぜ思わないのでしょうか。自分たちがいちばん知的で、理解力もあるから、自分の意見が絶対に正しく、間違いがないと思っているようです。

 驚くのは、〈被災者支援〉のためオスプレイが使われたと書かれているのに、被災者はどう思っているのかということが書かれていないことです。

 

 そして産経新聞の記事です。

www.sankei.com

 

 ぼくは産経もまた、朝日新聞に対抗している政治的な記事だと思いますが、客観的なデーターをちゃんと載せているのは評価しています。でも、ぼくは、マスコミという情報を操作できる立場にある巨大な組織が嫌いなので……どちらも全面的には信頼していません。テレビも見ない。

 

 

matome.naver.jp

 左翼の人達は、最初「オスプレイの危険性」を声高に叫んでいました。今はあまりそうしないようです。これは当時のまとめです。

 

 

 よく、「歴史は人間の考え方とか思想とか創造力で作られる」と思っている人がいますが、ぼくは、そういう面もあるけれど、人が歴史を作って動かしているんだという考えは一面的だと思っています。

 人は完全ではないので、歴史を作る力は与えられていないでしょう。

 一部の人たちが、自分たちで「歴史を作った、作っているんだ」と思い込んでいるだけのような気がします。特に、自分は社会の上層にいると考えている人たちは……朝日新聞の記事を書いた記者などは、自分は無知な大衆を指導する役目を負っていると勘違いしているのではないかと思っています。

 

 人は、「自分の考えが正しい」と思い込む自己中心的な生き物です。なんでも自分たちの力でできると過信したり、錯覚するのですが、実は、他人も自主性を持っている別の人格なのでそんなに簡単に思想も人間性も変えることはできないと思います。

 

 平和だって、「戦争反対」を叫んだり、「友好的にやりたい」というだけでは作り出せないでしょう。相手の国がそういう言葉を無視すれば効力はない。他国の領土を侵犯し、武力で脅して来ているのは共産党独裁の中国のほうだとみんな知っています。中国は他国を侵略することを国の政策にしているので、他の国は、仲良くできないでしょう。

 

 社会はいろんな人で構成されているので、自分の考え方を絶対的に正しいと思い込むのはべつにいいのですが、それを他人に強いるものではないと思うのです。他人を自分と同じ考えにしようとするのは、ある意味、犯罪的なことです。

 朝日新聞の「わたしの意見が正しい」的オスプレイの記事を読んで、そんなことを思いました。

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。

 また、25日にお会いします。