読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

現実はどうか、だけを考えの核にする /

 おはようございます。

 大阪はいまは晴れていますが、午後からは雨だそうです。熊本地震で避難されている方も天候を心配なさっているでしょう。余震が収束してくれればいいのですが……

 

 月曜日にこの動画を見ました。DHCTHEATERはおもしろいのでいつも見ているのです。

www.youtube.com

 熊本地震がなぜ起こったのかを解説されていたのですが納得できました。

 16分ぐらいから「地震の予知はできない」ことを検証しています。

 また24分からは、熊本地震はまったく予想されていなかったことを図をもとに説明しています。

 

 いま、南海東南海に地震が来るといわれているのですが……まじめな科学的態度では「予想できません」というべきだ、と武田邦彦さんは言っています。じっさい予想ははずれてきたのですから。

 また、利権がまとわりついていることも指摘されています。

 

www.youtube.com

 この動画では、地震が予知できない、いつどこで来るのかもわからないことが話し合われています。

 地震学は、起こった結果のデーターでしか推測できない学問だということです。確率でしかいえない。

 

 

 ぼくは昔から武田邦彦さんを信頼しています。なぜなら、科学者として語るからです。データーをもとに分析、解説する、個人の思想などを混じえないからです。「現実はどうなのか」を考え方の核にしている。客観的なことから理論を導き出す。自分が間違っているのでないか、という反省を常に持っている。それこそ科学者の態度だと思うのです。

 

 だから、話を聞いていると、誰もがわかる。

 武田邦彦さんがすごいのは、わからないことは、わからないということです。

 

 ぼくは科学者であれ、マスコミであれ、思想家であれ、自分の仕事に忠実であれば、進む道を間違うことはないと思っています。

 科学者はデーターを分析し仮説を立て、違う結果を得て仮説が間違っていると気づいたら、もう一度考えなおして、新たな仮説を立てればいいのだし、マスコミは、公平な客観的真実を報道することが仕事なのだから、自分の主観を入れるべきではない。思想家は、自分と違った思想があることは知っているのだから、自分の主張を絶対化するのは止めるべきです。

 自分の仕事以外のことに色気を出すから、道を誤ることになる。

 

 どんなことも、真実とは何か、が大事にされるべきです。

 

 

 ぼくらはいろんな人と会い、損得の関係に引き込まれ、出会いを繰り返して行き、人生を作っています。そこで大事なのは、現実でしょう。

 いまの現実をどう解釈するか。

 どう行動したら、よりよい現実を作れるか。

 そこで嘘をついてはいけないのです。

 

 

 

 リンクを貼らせていただいて、感謝しています。

 今回はリンクだけのブログになってしまいましたが、上の動画は、正しいことをいっていると思うので、紹介したかったのです。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。