読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

ギターの音が好きです 歴史の美談のエピソード /

 おはようございます。

 ブログを見てくれている人に感謝しています。

 ほんとうにありがとうと言いたいです。きっちりしたことは書けそうにないので、日記のように続けていきたいと思っています。それでタイトルも変えました。これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

 

 

 昨日の朝、聴いていたBaden Powell さんはこんな人です。

バーデン・パウエル - Wikipedia

 ぼくも、こういう解説を読んで知ったのです。

 ギター演奏が超絶にうまい。

 

www.youtube.com

 深いなあ……と思うのです。音が。

 心の底にある郷愁みたいなものが湧き上がってくる。愛しさみたいなもの。優しい感じになれます。こういう人を一芸に秀でた人というのでしょう。

 

 

 このあいだからぼくが聴いていた、もう一人のギタリスト。

Bill Mize

www.youtube.com

 

 何度聴いても飽きません。すごく深い。静かで、これだけで満足する。

 

        *           * 

 

 ギターの音が好きです。クラシックもジャズもいいですが、単体のものが好き。 賑やかなのはだめで、静かな曲がいいです。

 

 

      ……           ……          ……

 

 

 メールマガジンでこの記事が届いたので読みました。

 昔、ポーランドの孤児たちを日本が助けた話。

多くのポーランド人が日本に救われた。知られざる1920年の感動秘話 - まぐまぐニュース! 

 昔の日本人は偉かったと思います。遭難したトルコの船を救助したこともあり、感謝されているし、それって、当時の日本人の外国に対する気持ちだってのでしょう。

エルトゥールル号遭難事件から125年 | nippon.com

 

 

          *             *

 

 そして、日本のシンドラーとして有名で、映画にもなった……このエピソード。すごく美談として取り上げられていますが…… 

知っていましたか? 近代日本のこんな歴史 | 杉原千畝と「命のビザ」 ~東洋のシンドラーと呼ばれた外交官~ 

今だから知っておきたい!杉原千畝とユダヤ人迫害の理由 6つのポイント | Actionなう!

 違う視点のサイトもあるんです。

 

【上島嘉郎】ユダヤ人を救ったのは杉原千畝だけか | 三橋貴明の「新」日本経済新聞

 

  もちろん、いろんな思惑があって、こうしたエピソードが伝えられているんだろうと思います。

 けれど、どんなことがあろうと、人を助けることはいいことだと思います。他の国でも、迫害されたユダヤ人を救おうとした人がいたのではないでしょうか?

 当時は、政治的に、こういう状況だったようです。

ユダヤ難民に冷淡だった欧米諸国

     (こういうサイトを読むと勉強になります)

 

 

 歴史をどう見るかは難しいです。考え方の違いで、変ってしまいますから……また、いろんな見方があることを知らなければ、偏った感想を持ってしまいます。ですから、ぼくは、あまりに美化された話は眉唾でないかと考えるようにしています。 

 

 歴史って大変です。

 今、過去の歴史により、日本は歴史認識が間違っていると中国から非難され、韓国からはナチス呼ばわりされています。ぼくは、それは事実ではない、嘘か、虚構のファンタジーだと思っているのですが。

 

 歴史を考える時に大事なのは、じっさいに行われた事実です。現実はどうだったのかだと思うのです。それを冷静に受け入れて、そうだったんだとわかるだけでいい。それをどう捉えるかは個人が考え続けていけばいい……国や政治の外交がなすことは、個人とは別のもののような気がします。

「現実はどうだったのかを知ること」がいちばん大事、だって思っています。

 

  知らなかった歴史のエピソードのメルマガを読んで、日本のことについて考えてしまいました。

 

 今日は、詩の勉強はお休みします。また、まとまって、書きたくなったら書きますね。

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。