読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

性悪説が現実でも…… / 換喩とは?

 おはようございます。

 朝、暖かくなって、歩いていると汗ばむほどになりました。四天王寺の桜も満開が近づいて来たようです。

 昔から春が好きでした。桜が咲くと浮き浮きします。単純なんです。

 失業していることも多かったので、花見に淀川とか大阪城に行った思い出もあります。桜はいいです。世の中を明るくしてくれる。

 

 昨日、気分が鬱屈していて、考えたら、お酒を毎日飲んでいるので肩こりになっているらしいと気づいたのです。それで午後はストレッチをしていました。

 体が気持に影響をあたえることもあるし、心の持ちようが体に影響することもある。人間は不思議です。すごく連動している。

 本を読んだり、パソコンばかりしていると運動不足になる。体を動かさないことが一番悪い、わかっているのですが……

 

 ポジティブ・シンキングがいい。

 前向きな行動がいいです。

matome.naver.jp

が、うまくまとまっています。

 物事にはいいことも悪いことも、二面があるのだから、よいほうを見ていこうということ。そのほうが結果が良くなる。

 

 悪いことを予想したり、悲観したりしても、良い結果に結びつきにくい。

 人間のことは……真剣に考えると「性悪説が正しい」と思えます。じっさい、それが真実だと思いますが……でも、性善説を選びたい。

 善いことを選んだほうが気持ちが良いんです。

 たぶん人は向日性を持っているから、善を選ぶ宿命にあるのでしょう。悪を選ぶ人は偽悪に居直っている。欲に振り回されて自分を失っているんです。それでは心が気持よくなることもできない。

 

 善のほうが心地好い。快感です。

 愛を感じた時みたいに、全身に快感が走る。

 

 たぶん、自己満足かもしれないけれど、他人を愛するとか、よいことをすると、快感だから、人間、そうすると思うんです。善きほうに導かれている。気持いいほうがいい。

 

 芸術家はみんなそんな秘密を知っているんだろうと思います。だから、映画でも小説でも、結果はハッピーに終わらなくても「ああ、よかったな」と思えるものが多い。描かれた現実は過酷で厳しくても……

 

 ぼくも「よかった」と感じて、生きたいです。

 

 

 

     ……            ……          ……

 

 

換喩詩学

換喩詩学

 

 って、また、難しい文章の本を読んでいたんです。それで肩こりになったのか ^_^ 相変わらず、見栄張りで難解な本を理解しようとする。

 

 換喩とは、語の意味を拡張して表現された状態。

換喩 - Wikipedia

 に詳しく解説されています。

 ほとんどの詩は、換喩によって描写されているみたいです。

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。