読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

月曜日はみんな力が入っている /

 おはようございます。

 いまは月曜日の午前中なんですが、ブログを書きます。

 ラジオ体操を終えての帰り道、駅に向う人々の顔も「一週間が始まるんだなあ」という気合というか緊張して力が入っている顔をしているんです。一週間のリズムです。ここから仕事が始まる。

 

 長い冬のあいだ朝7時だとまだ暗くって、いまのように人通りがなかった気がする。いつの間にか人が増えている、って思う。会社に急いでいる人たち。

 

 会社といえば……思い出すことがあります。

 

 ぼくはいま66歳なんですが、45歳になる前の7年間はこの生野区の会社で機械部品の営業をしていました。当時、韓国人の社長の愛人(会社には来ないけれど、50万の給料をもらいマンションに住んでいると噂があった)と、一緒に地方の営業に行った時に、会社の現場の作業のことを話したんです。出荷の時に数を間違う人がいるので、「もっとちゃんとしてほしいな、努力すれば算数もできるようなれるんだから」と言ったら、「それ、差別でしょ」と突き放され、嫌な気分になり、結果、会社を辞めることになりました。彼女としては、たぶん同胞を馬鹿にしたと考えたのだと思います。

 

〈差別だとか、日本人だからとか言われたら辞める〉という覚悟はありました。

 他人に「お前は差別している」なんて咎める心の持ちようは……なんでしょうか、ぼくにはわからないのですが……

 生野区のように、日本人と朝鮮人が混在して住んでいるような街でそんなことを言っても何の解決にもならないと思うのです。お互いに思いやらないとだめだ。

「それは差別でしょ」なんていうことで相手を非難して済ませれば、それ以上の観念の発展はありませんよね、相手を否定して自分の考えが正しいと優先して、いいことはありません……それはどこまでも、自分が正しいんだと閉じることでしかない。相手を受け入れる余地もない。

 

 そういう出来事があったのを思い出したのです。 

 

 働くというのは、そういうトラブルを経験したりすることでもあるし……相手があることなので、お互いに認め合わなければよいコミュニケーションは生まれてこない……そう思います。誰だって違う人間なんですから、感覚が違うのを大げさに非難してはいけない。

 

 

 働くということは、たいへんなことです。

 しんどいし……だから月曜日の朝は緊張する気持ちもわかります。

 家族のような親密さが元々ないだろう会社というところで、他人と交流して、なんとか一致点を見出さなくてはならない。

 

 こんなことを考えると……社会というのは、どこまでも、いろんな人がいるということを認め合うシステムなのだと思うのです……

 

 

         *        *        *

 

 

……みたいなことを考えていました。

 

 ぼくは独り暮らしなので、いろんなことを考えてしまいます。

 

 世間では、ちょっと「自分だけ」みたいなことが目立ちます。

 乙武さんの不倫という報道も、障害者ということで済まされるみたいな雰囲気です。たしかに自分で性欲をコントロールできない環境ではあると思いますが、障害者介護という美化された観念を利用している、性欲処理のために女性を利用している気がするんですが…… 

 性欲というのは個人的なものだと思うのです。

 性を商品化したり、論議するのは資本主義であるからしかたないのですが……

 乙武さんが障害者でなかったら、たんに性欲の処理のために女の人を求める不誠実な人でしかない、と思うのです。

 

 

 逃げ出せて本当に良かった。

 人を支配する監禁という犯罪はいちばん非人間的なやり方でしょう。

 マスコミは被害者の少女を興味本位で取材するのでなく、お父さんのいうように、暖かく見守って静かに対応するべきだと思います。騒がないでほしい。

 

 

         *        *        *

 

 ごめんなさい、もっと軽めの話題……心が楽しくなることを書きたかったのですが……月曜日は仕事に向かう戦いの朝みたいだな、ということから連想して書いてしまいました。m(_ _)m

 

 

 

         ……             ……

 

 最近、短歌とか俳句とかに興味が出てきました。

 枠組みがあったほうが自由にできる……反語的な意味で。

 図書館に行って現代短歌の本を借りてこようか、なんて思っています。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。