読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

性悪説…… / 詩はシュミレーション

 おはようございます。

 昨日から寒いです。寒の戻りなんですね。大阪は桜の開花宣言が出たばかりだったのですがこれで、すぐ満開になって散るということが避けられそうです。桜の花は来週か4月の上旬まで見られるようです。 

 独りだけれど、花見に行きたいです。

 

 

 洗濯をして、寝袋も干しました。すこし風があって寒い日です。それでも日が射せば晴れて暖かくなるでしょう。

 散髪をして坊主頭を短くしました。3ミリ(一分刈り)に。さっぱりしました。部屋を掃除機できれいにして……

 これで気分転換できました。

 

 独りで暮らしていると、時々、自分の気持を整理することが必要です。気分を変えるには、模様替えするか、何かをするか、です。体を動かすことがいちばんです。

 

 

 一人で物思いに耽ると……人間って性悪説が正しいのでないか、とか思えてきます。今朝、ラジオ体操から帰ってくる道でも、そんなことを思っていたんです。繰り返される殺人事件、事故、脅しとか、テロ、暴力……戦争……お互いに憎み合うようなことしかしないのではないか……

 事件の報道などをみると、自己中心的で、非人間的なことがまかり通っているんだなあと思います。

 政治の世界も建前は立派なことをいうけれど、賄賂とか利権、党利党略で動いているようですし……

 世間は、商品は偽装だらけだし。企業は嘘の工事や施行をするし。

 

 全体としてみたら、「人は悪ではないのか」と思えることばかりです。

 悪いことをするのに、ばれないように躊躇はしても、けっきょく踏み切ってしまう。悪い欲の魅力に負けてしまう。

 犯罪や事件などは、悪であることを志向したとしか思えないことばかりです。悪であること=強い、みたいな思い込みがあって、悪人になることを選んだとしか思えないことが多いです。居直っている。

 

 多くのことは、他人を踏みにじることが快感だから起こるのでしょう。

 こんなことを、漠然と考えて、帰り道を歩いているんですが……

 

 

 

 部屋に帰って、この記事を読みました。 

 

  このメールマガジンを読んでいると、自分中心の欲望に振り回されることで、世界から孤立する、させられてしまうというのはよくないなあということがわかります。

 人も国も同じなんだと思うんですね。

 けっきょくは、他人とか他国とかを自分の好きなようには動かせないのだ、という教訓になります。結果が「孤立化」ですから。

 

    *          *          *

 

 今の世界では「力の支配や暴力や嘘」が他人を支配したり、国を動かすようなシステムになっていますが……

 

 人類という「種」として考えたり、人の生き方はなんだろうと考えたりすると……深い所では、結果的に「真実」であったり「ほんとうのこと」が物や事を動かす原理だと思うのです。

「真実」が最後には勝利する、と思っています。人は、自由とか正義とか善いことを求める向日的な存在ですから。

 

 一方で人は弱い存在なので、暴力に負けたり、支配されたり、欲望に左右される。それも仕方がないのかもしれない。それでも他人に依存したり、支配して、他人を利用し、自分だけ得をするようなことはしたくない。

 

 

 悪が跋扈しているようにみえる世間でも……

 けっきょくは、自分がしっかりして正しい生き方をしていくしかないのだろう、と思うのです。自分は弱い……微々たる存在だ……でも……

 仏教的にいえば、いざというときに、悪いほうに加担しないように、正しいことをやっていくことが、自分を救う道なんだと思うのです。具体的には個別に違うので、抽象的な言い方でしかできないですが……

 

 弱い存在でもいいから、他人を貶めるようなことはせず、自分が救われるようなことをしていきたい、と思ったのです。他人を思いやることは、すべての宗教の根本の教えだと思います。善をなせば自分に還って来る。悪をなしていることは、そのことそのものが苦しみで、罰だと思うのです。

 

(抹香臭くて、すみません m(_ _)m) 

 

 

 

        ……             ……

 

 最近、詩について思うのは、「詩はシュミレーションである」ということです。

 いえ、直感的にそう思っているだけですが、詩がシュミレーションだと考えれば、もっと気軽に詩が書けそうな気がするのです。

 もともと、詩を書くのに、大げさに構えるからいけない。

 詩って、「こういう場合はどう?」って仮定して、シミュレーションしているのだと考えれば「こうなったらどうなんだ」みたいに軽く書ける。

 

 ある意味、言葉と戯れることだと思うのです。そういうつもりで書きたいです。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。

 また、28日に。