読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

いろんな話題 / 吉岡実の詩『卵」の読み取り

 おはようございます。

 このところお天気がよい気候が続いているせいか、朝は寒いです。それからぐっと暖かになる。もう春なんですね。桜の開花宣言も続いています。

 一週間ぐらい前に白木蓮の写真をUPして、ハクモクレンってこういう花だってわかったこともあるけれど、気をつけて見ていたら、いつも通る公園の周りに植えてある木が白木蓮だとわかった。一斉に白い花が咲いたのです。太い幹も細い木もあるんだけれど、花の大小があっても同じ種類だとわかったのです。なんだか、うれしくなった。

 

 

 底辺目線の日記みたいなブログを書くことに意味があるのか、みたいなことに悩んで、続けたいって結論を出したので――意味なんて重いことを考えるのでなくて、なんでもないことを気軽に書いてゆくことに決めたのです。

 それでバラバラの話題でもいいやって思って。

 

 もう注目されてだいぶ経っているけれど……「花粉症には、鼻の穴に白色ワセリンを塗ると効く

 とにかくこのサイトの通りです。ぼくもお風呂あがりにワセリンをクリーム代わりに塗っているので、さっそく、やってみたんです。効果はあります。

 他のサイトの人もいろんな感想を書いているので、読んでみるのもいいかもです。(感謝)

 

 

 お風呂から帰って来た時など、近所のTさんがいつも家の前の道路に座っているので、話たりするのですが……このあいだは植木鉢の土をシャベルでひっくり返していたから「どうするの」って、訊いたんです。ミニトマトを植えようとしているらしい。

 ここが、検索して出てきたサイトです。

「ナスとか植えたけど成るのが少なくてあかん。2個しかなれへん」とかの話から、ゴーヤとかどう、とか言っていたんだけれど……ミニトマトがいちばん簡単らしい。

 

 生野区は下町なので、家の前に植木鉢を置いてなにかを育てている家が多い。

 

 ぼくは孤独だけれど、近所の人と話すのは好きです。濃い人間関係でなく、近所づきあいぐらいがいい。

 アパートのおばあさんとも話すので、そのことはまた書きます。

 

 

         ……                ……

 

 

 吉岡実について書かれたこの本を読んでいます。 

吉岡実アラベスク

吉岡実アラベスク

 

  Amazonを見ても、レビューも書かれていないのですが、読み始めて、惹かれています。

 

 最初のエッセイ「卵と粘土」のところで、初期の吉岡実の詩集「静物」が取り上げられていて、詩「卵」が引用されている。

……

密集した圏内から

雲のごときものを引き裂き

粘質のものを氾濫させ

深閑とした場所に

うまれたものがある

……

 詩「卵」の部分です……

 それを分析した文章を引用します。

「そうした〈卵〉の内部、中味はと言えば、これは脂肪や原形質などから成るどろどろとした流動しやすい物質であり、有り様は〈豊かな腐爛の時間〉、〈黄いろい原形のむれ〉から遠く隔たるものではない。この〈卵〉が、〈雲のごときものを引き裂き/粘質のものを氾濫させ〉ぬことにはそこからの脱出が叶わぬ渾沌の〈圏内〉から、例うれば使者のように、落下してくる。硬い容器に収まって地上に降り立つ、渾沌から別れた小さな渾沌が、ここに誕生する……」(P24)

 という読み方をしているのです。

 すごい。詩もすごいけれど、意味を重層的に見てとる分析力がすごい。

 

 詩のなかに詰まったたくさんの意味。イメージが喚起するもの。

 そんなたくさんの読み方ができるような詩を書きたいな、と思ったのです。それで引用させていただきました。

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。