読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

部屋でも寝袋で……

 おはようございます。

 大阪の土曜日は晴れて暖かく4月下旬の気温で、20度ぐらいでした。図書館に予約していた本を取りに行ったのですが、自転車で走っていても汗ばむくらいでした。

 昨日は曇り空で、夜に小雨が降ったのか四天王寺の石畳は濡れていました。今朝も曇っています。蒸し暑いような暖かさです。

 

           *               *

 

 先月の25日だっけ……今まで使っていた寝袋は羽毛が偏ったのか少なくなったせいか、足先しか暖かくないので、ホームセンターで買った薄い綿の寝袋をかけて二重にして使っていたのですが……思い切って、新しく買うことにしました。

 

 あべのハルカスの「好日山荘」に行って、

製品 - ISUKA - イスカ 寝袋・シュラフの専門メーカー の「スノートレック1300」を買ってきました。13500円もして、ぼくとしては痛かったのですが……思い切って。

 

 夜はまだ寒い時もあるのですが、これで暖かく寝ることができているので、よい買い物だったなと満足しています。

 

      ……            ……

 

最近は布団じゃなく寝袋で寝ている人も多い。

 

 

 ぼくも昔は布団を持っていたんだけれど、洗うことも大変だし(コインランドリーで洗えます)、干すのも場所を取るしで、面倒で捨ててしまったのです。近所の商店街のふとん屋さんで買ったもので、セットで2万円ぐらいだったか……この部屋に越してきて10年ぐらい使っていたんですが……

 

 寝袋のほうが使い勝手がいいんです。

 シュラフにしようと思ったきっかけは、オートバイでツーリングに行って野宿したりしていたからです……それで、部屋でもシュラフになった。

 インドに行った時も寝袋カバーとインナーは持って行った。ダニとか虫対策のためです。

 

 シュラフは天気の良い日はすぐ干せるのでいいんです。

 キャンプ用品って、あると、最低限の生活はできる。どこででも生きていける。

 いまは、部屋で自炊もしているし、ガス、水道、電気があって、文化的な生活です。なにしろパソコンが生活の中心だから……核です……生きることの。1995年から、ぼくの生活はパソコン中心になっている。もう必需品。

 

 一方で、サバイバルのキャンプ用品を利用して、一方は、パソコンにすべての情報を頼っているって、すごいことなんだ、とおかしい。

 

 でも、世間でも、携帯、スマートフォン、パソコンを離れて、生活はないので、現代社会が必要としているんだなと思うのです。

 悪影響とかを指摘したり、使わないようにしてもしかたない。もうなくてはならなくなっている物なんだし、より人間的に利用できるようになれればいいんだと思う。そういう方向になるだろうし……そうなんです。

 

 人間って、すごく、自分のやることにこだわったり、有意義なものに変えていく存在なんだ……

 便利で効率のよいものが悪なんじゃなくて、利用のされ方なんだと思うのです。

 

[不便だったりすることが=人間的である]ことも当然あるんだけれど。

 野宿とか、キャンプをしたい、という思いはいつもあるので。

 

 いつか、またインドに行きたいなと思う。

 もう、すごく変わっているだろう。

 でも、変わらないものもあるはず。

 それまでは、パソコンで知識を、情報を得たい。パソコンの世界はバーチャルリアリティです。

 

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、平和でありますように。