読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

呟きみたいなものなので……すみません。m(_ _)m

 おはようございます。

 大阪の朝は暖かくなってきました。東北や北海道はまだ寒くて雪が降る日が続くようです。けれど、もうすぐ春です。

 四天王寺の野鳥もうるさいくらい木で囀っています。

ツグミ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

 どうもツグミの鳴き声じゃなかった気がする。かといって、もともと自然と親しんでいなかったぼくにはわからないのですが……ツグミは物干し場から見えるアンテナによくとまりにくるので、形はわかります。

 子どもの頃に、大人たちから野鳥や木や草や花の名を教えてもらうことって大事です。そういう体験があると、わかるような気がする。

 ぼくの子ども時代はひとりで草っぱらにいたからな……

 友だちもいなかったし……

 

 よく考えると寂しい。

 人と親しくなるのは大事なんだな。

 

 それでも66年も生きてきて、もう老人になったから、振り出しに戻った気分です。ガラガラポンして。

 何ができるのか、で焦っていたり苛ついたり、絶望していたのは、人生に熱中している途上のこと。そのなかにハマっていた。

 30代とか40代には、なにか意味のある(自分にとっても、他人にとっても)ことをしないといけないと思い込んでいた。何かを成すことが自分の価値を高めることでもあったし、他人から認められることだった。

 

 人って、いつも他人と比べて、生きているんですね。

 社会のなかで認められる……

 承認されて、大事にされて、自尊心も満たされる。他人とのなかでしか生きるということがない。特に若者とか、中年の世代は、社会のなかで何かすることを求められるから。社会から期待されているといっていいかもしれない。

 うまく何かを成し遂げられて成功して、成果が出せればいいけれど……

 

      *               *

 

 中年の世代なんかは社会の中枢だから、頑張ってください、というしかない。問題は山積みだけれど、どうか解決の糸口を見つけてほしい。

 

 少子化とかになる現実……がわかる。

 格差も拡がっているようだし、貧困化もある。子育てには苛酷な社会だ。子どもを育てるのにお金がかかりすぎる。教育費……それなりの家庭のレベルを維持しなければいけないし。

 

      *               *

 

 話が、建前的な方向にいってしまったけれど……

(上のようなことを言ってもなんの解決にもならない m(_ _)m)

 

 自分はもともと貧乏で育って、学歴もなかったから、社会の底辺をさ迷っていた。それでも生きてこられたんだから、いいと思っています。

 焦った40代、絶望的だった50代も過ぎた。

 いま老人になって、余生的な薄明の悟りともいえる気分のなかで生きている。もう何も求めるものがないので……

 それで……歳を取ることも、いいことのように思えます。

 

(こんな文章じゃなにも伝わらないですね、人生を抽象的にまとめ過ぎです。でも……ぼくのなかでは、こんな感じなんです。

 具体的に書こうとすると思い出とか記憶とかがいっぱいあるから、収拾がつかないくらいなのでどう話していいかわからない。個々の思い出とかは、何かの折にまた書きます)

 

 

 

      *               *

 

……ほんとうは仏教のことを書きたかった。

 仏教的なエッセイのほうがわかりやすくていいのです。

      法話 禅宗 曹洞宗

              の、ような。

 こういう法話は時々聴きたくなる。

 

 人生、芯になる思想は必要です。

 若い時はそれがわからないから求めるし、中年の時は、わかっても得られないから焦る……

 

 坊さんのように最初から悟っている人生は、いいんだろうなと思う。

(なぜ、若いときに坊主になることを考えなかったのか……お坊さんになるのも学校に入ったりしなければならず難しいからですが……誰でもなれるわけでもない)

 

 キリスト教も最初から答えはある。どんな問題も「神様に祈る」ことで解決されるんだから……

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。

 また、7日に。