読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

冬眠から覚めた亀さん / 戦争詩

 おはようございます。

 今朝、四天王寺の亀の池に亀が二匹泳いでいました。あっ、向こうにも一匹。冬眠から覚めたんですね。三月になったから……ちゃんとわかるのか。暖かくなったから。

 

 ところで、

亀の数え方(助数詞)を教えてください。 - 国語 締切済 | 教えて!goo

 で、1頭2頭で数えるんだとわかりました。

 

初めてでも大丈夫!亀の冬眠させ方と失敗しない方法を伝授します! | グッピーや熱帯魚飼育なら|はじめてのアクアリウム

 

 四天王寺のように野生に近い亀だと勝手に冬眠するんだろうけれど、飼育している亀さんは世話することが必要なんだ……

 

          *            *

 

 昨日、高村光太郎の小屋のことを書いたのだけれど、検索してみました。リンクさせていただいたサイトの方に感謝します。

 

 先の戦争を指導した者の戦争責任はあるでしょう。

 高村光太郎は書いた詩で戦争を鼓舞したのだから、後悔も大きかったと思います。

 

 戦争を煽って……戦後はちゃっかりと民主主義者になった人や、組織もあります……そういうものこそ、真の反省が必要です。いまは以前からリベラルだったようにして上から目線で大衆に説教しているんですから、本質は変わっていないのではないでしょうか。事大主義はよくない。誰のことかというと、朝日新聞を始めとする一部のマスコミのことです。

 

大東亜戦争と高村光太郎―誰も書かなかった日本近代史

大東亜戦争と高村光太郎―誰も書かなかった日本近代史

 

  このAmazonでの解説を読んでください。

 

 ぼくは、時代というものはそういうもので、そのなかで生きることは、しかたなかった、と思うのです。今の視点でなら自在に批判できますが、それは卑怯なのではないかと思うのです。

 

 ぼくは自分なりの仏教徒で、底辺なので、どんな組織も観念的なことも信用はしませんけれど……

 すべては変わるし、縁の問題なのだと思っています。

 

 詩人の誰もが戦時中は「戦争詩」を書いたのです。すべての日本人が戦争翼賛体制のなかで生きていたのです。そして戦争が正しいと教えられていた……

 

 まど・みちおさんのように、自分の弱さを見つめることしかないのだと思います。