読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

生野区のこと / 吉本隆明

 おはようございます。

 朝方はまだ冷え込みますが昨日は立春でした。これからだんだんと春めいてくるのでしょう。早く暖かくなってほしい。^^;

 

 天気がいい日が続いています。

 昨日は「生野区は民家が立て込んでいます」って言ったけれど、近所の空き地にまた建売住宅が建築されているのでミキサー車が来ていました。

f:id:san-sai:20160204092511j:plain

 物干し場から撮った風景です。横の駐車場の木は樫の木らしいのだけれど御神木になっています。生野には御神木が多いんです。謂れがあるんでしょう。

 そして、すこしの空き地でも家が建つことになる。土地って貴重なんだろう。生野区からはどこへも歩いていける……難波でも天王寺でも。環状線もあるし便利なところです。ごちゃごちゃしているけれど……

 家内工業の工場が多い。小さい家にプレス機が置いてある。

 ぼくもこの生野の機械部品を作る会社で営業をしていた。韓国人の社長の下で。社長の愛人といっしょに地方の営業に行った時、口喧嘩みたいになって、「それ、差別でしょう」と言われたのでそれで会社は辞めた……差別しているとか言われるのはいちばん嫌だ。「差別している」という方は言いたい放題だが……

 

生野区 - Wikipedia 

 どこの土地でも、由緒由来があるでしょうけれど、生野区の名前が聖徳太子の故事からきているとは知らなかった。(^_^;) なんでも検索して見るものです。

 

           *           *

 

 ぼくの日々は「毎日が日曜日」で、何をしなければならないという予定がないのですが……けっこう、忙しく暮らしています。買い物に行ったり、図書館に行ったり……

 でも仕事をしていた時より気持に余裕ができている。

 

 いつも思うのですが……人生の3分の1が仕事で終り、3分の1が睡眠に費やされ、自分のための時間が3分の1もないのはどういうことなんだろう。 

 べつに、自分のための時間が……ほんとうに有意義に使えるかはわからないけれど……人間は、働くことに追われて……(働かないと食っていけないからだけれど)

 

 自分のために生きたいと思う……そんなことは贅沢で夢想的な願望なのでしょうか。

 

 仕事をすることが、他人との交流でもあり、楽しいことでもあるのは、わかる。

 でも、下層だと、無理なことが多いし、不満を抱えるような職場も多い。人間もクセのある人が多い……

 自分の生きがいにつながるような仕事だと充実して働けるのでしょうが……

 やはり、未来に自分がこうなりたいということを思い描いて、それに近づく仕事を選んだほうがいい。難しいけれど……

 

 自分がしたいことをするべきです。

 

  

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

吉本隆明

吉本隆明 - Wikipedia

 

定本詩集 吉本隆明より : 書き足し途中のノート 随時変更あります。自分用ですが公開の場におくことにしました。

 

『愛の詩』を読む-吉本隆明「恋唄」

 

吉本隆明さんの詩(1): 熊本で弁護士。生活と意見

吉本隆明さんの詩(2): 熊本で弁護士。生活と意見

 

吉本隆明の詩 - mmpoloの日記

 

吉本隆明さんを悼む 「廃人の歌」という奇跡|カラマーゾフのブログ

 

覚え書:「吉本隆明さんを悼む 北川透」、『毎日新聞』2012年3月21日(水)付。: Essais d'herméneutique

 

詩空間: 「詩を書くという行為を受け継ぐ──追悼・吉本隆明」(「現代詩手帖」5月号)

 

「思い出の吉本隆明」 | でぃべーと

 

吉本隆明『詩とはなにか』 : 本屋勤め人、等々力哲

 

http://miura.trycomp.net/?p=861「吉本隆明氏の初期詩はパンクだった」

 

 

http://homepage2.nifty.com/yamadakenji/yoshimoto.htm-吉本隆明『転位のための十篇』について

 

サカナクション・山口一郎さんも愛読 戦後最大の思想家の歩みは、この詩集からはじまった | ダ・ヴィンチニュース

 

 

http://www.dotbook.jp/kd_ondemand/sample/KODB301652_S.pdf-「吉本隆明初期詩集」

 

https://www.lang.nagoya-u.ac.jp/proj/sosho/7/shibata.pdf-「吉本隆明における詩的喩法の論理-『全詩集』にみる「意味」と「価値」とを繋ぐもの

 

「言葉という思想」(吉本隆明)から - 言葉のあや織り

 

 

吉本隆録明-文学者掃苔

 

 

 

http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/study/pdf/YosimotoTakaaki.pdf-「高村光太郎抄」

 

【読書メモ】吉本隆明『擬制の終焉』 documents/ウェブリブログ

 

 

 

 

 

吉本隆明を読む会のおすすめの本 | 10over9 reading club

 

吉本隆明 最後の贈りもの 潮出版社 USIO

 

「背景の記憶」 吉本隆明 - 谷根千ねっと

 

 

www.yoshimototakaaki.com

 

www.chikumashobo.co.jp

 

www.1101.com

 

ほぼ日刊イトイ新聞 - 吉本隆明のふたつの目。

 

娘のばななに「おまえまで共産党か!」吉本隆明の晩年のボケぶりが明らかに|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見

 

正しいことばかり言う奴が増えてきたら危険― 吉本隆明氏が体験した「健康すぎる戦争」(宮崎智之) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

【肺炎で死去】吉本隆明と「親鸞・オウム・中沢新一」 - NAVER まとめ

 

最も深い「吉本隆明論」(若松英輔さん):移ろうままに:So-netブログ

 

       ……         ……

 

 検索して出てくるものは思想家としての吉本隆明が多くって、詩人として批評しているものが少ないような気がします。初期の詩ばかり有名ですが、「全詩集」で後期の詩も読んだことがあります。ぼくの印象としては……観念的な言葉が多くて、うまくその世界に入っていけなかった……ぼくは難しい言葉が苦手なのです。

 

 この本には「固有時との対話」「その秋のために」「異数の世界へおりてゆく」の三篇が掲載されてます。当時の時代の労働組合活動家としてまさしく、詩行にある「ぼくは拒絶された思想としてその意味のために生きよう」という決意を表した詩だったのです。解説ではそれぞれの詩が詳しく分析されていて、それを引用してもいいのですが……ぼくが思ったことを要約すると、

  • 詩と思想が結びついている。(表現と思想といっていい)
  • 思想の優位性。
  • 現実生活の矛盾と断罪。ヒロイズムとロマンチシズム。

 60年前後の戦後民主主義社会の矛盾を背景にして成立している詩だと思うのです。この詩を、若者は「生き方」として受け取っただろうと思います。詩が、思想や生き方を表現することがあった時代……

 

 吉本隆明は詩人として出発し、思想家として世の中に影響を与えた人でした。その思想の面が大きく取り上げられます。

 詩人としては、初期に持った現実への態度や認識を貫いた人だったのではないかと思っています。

 

 

 

 

             (リンクさせていただいたサイトの方に感謝しています m(_ _)m)

 

 また、8日にお会いします。 

 ………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。