読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

寒さに強くなるには / 鳥見迅彦 菅原克己

 おはようございます。

 日本列島は強い冬型配置の天気で、寒波に被われていて寒いです。北国は雪が降り続いています。大阪も風が吹いて寒いです。自然には勝てない。^^;

 

 ぼくは寒さに弱いので、検索してみました。

 

「寒さに強い人と弱い人の違いとは」のサイトでは、

             インターバル速歩を勧めています。

 

 運動するのがいちばんなんですね。ウォーキングが優れているとは聞いていたんです。ぼくは毎朝ラジオ体操に行くので、条件は満たしているか……

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 腹巻きを巻くのもいいそうです。

 足を冷やさないこと。レッグウォーマーも体全体を温めるらしい。

 とにかく、寒いのは憂鬱になりやすいです。昔の人みたいに気合で気持を前向きにするのがいいと思うんですが、ひとりじゃ怠け者になってしまいます。難しいことですが、やっぱり、気持の持ち方でしょう。「寒さに負けない」

 昔、「おしん」というドラマでは、冷たい川の水で大根を洗っていたな……と、思い出します。

 

 それにしても急激に寒くなりました。暖冬で、油断していたところにこの寒さはキツイです。

 でも、明日も頑張りましょう。\(^o^)/

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

鳥見迅彦 

鳥見迅彦(とみ はやひこ)とは - コトバンク

 

かくれみち―詩集 (1983年)

かくれみち―詩集 (1983年)

 

 昭和30年に第1詩集「けものみち」を発表、H氏賞を受賞。

 山をモチーフにした詩を書いた。それが隠喩として人間や、自然、世界を暗示するものとしてあったから。

 ここでは山の詩として「岩のテラス」と「足あとのある風景」が載せられています。

二つの膝を小さくかかえ

耐えているこのひどい寒さから

存在のかなしいあたたかさにめざめて

重く深く首を垂れる。

       (「岩のテラス」三連) 

 

 山での描写に、「存在の……あたたかさ……」とつなぐ詩行がいいのです。象徴的です。

d.hatena.ne.jp

 このサイトの方の文章は最高です。詩人の像がわかる気がします。

 また、

【詩歌】鳥見迅彦「けものみち」 - 語られる言葉の河へ

 

詩を読む楽しみ

    のサイトの方にも感謝します。

「詩の作り方」を読む 7 - 陽溜り・詩のような (´・ω・)ノ。★・☆彡

は、詩人について書かれた文章をまとめてあります。

 

 

菅原克己

菅原克己 - Wikipedia

 

菅原克己全詩集

菅原克己全詩集

 

 を、持っています。好きな詩人です。平明な言葉で詩を書く、それがいいのです。

 全集の帯の言葉。

「事大主義、深刻、見せかけ、難解、

    それがいちばん嫌いだったので

       ぼくは詩人になったはずだ。」

 

  現代詩文庫にもあります。

 

菅原克巳

「一日一詩,腹の足しにはならないけれど、心の詩を朝の食卓へ」とタイトルがあるサイト……いいな、菅原克己の詩が好きなのが伝わってくる。

 

:: 菅原克己全詩集 | mojabieda Blog ::

 

菅原克己『ブラザー軒』 ( 詩 ) - 人生は野菜スープ(または毎晩午前0時更新の男) - Yahoo!ブログ

 

いま、菅原克己という詩人に・・・。 | Studio Naive

 

菅原克己(「文学者掃苔録」)

 

「マクシム」菅原克己さんの詩です カッパおじさんのパカパカ日記/ウェブリブログ

 

 

 

 菅原克己は愛されています。

            (それぞれのサイトの方に感謝します)

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。