読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

1960年代…… /  「「戦後の詩人たち」

 おはようございます。

 大阪の今朝は雨が降っています。それで寒くはないけれど……関東は雪で、電車も送れている。

headlines.yahoo.co.jp

 

 明日からは寒波で日本列島は冷え込みそうだ。大阪の天気予報では最低気温が1度。急に寒くなるようです。

 こんなときは温かいココアがいい。チョコレートも好きだけれど。

 熱いお茶も。

 

 昔の詩人たちの詩を読んでいて、1960年代の……子供の頃のことを思い出した。

 映画「三丁目の夕日」の時代です。

 その時代に子どもだった人にしか、わからない感覚かもしれない。思い出になっている、いろんなことが……みんなが同じように貧しかったのですが、お金持ちの子もいた。高度成長に向けて働いて、格差みたいなものもあった……

 

ddnavi.com

 そう、社会を俯瞰して眺めれば犯罪も多かったし、貧しさの原因となる社会的な腐敗もあふれていたのです。希望よりも絶望の方が強かった。ぼくの家も貧乏で、母親は精神的におかしかったし暗かった。でも、逃げ出せる場所もなくてみんな我慢していた。そういうことが当たり前だったから……それで、懐かしく思えるのかも……

 

 みんなが同じだった、というのがキーワードです。

 自分一人じゃなかった。

 個人というものがまだ確立されていなくて、世間からの目とか、束縛とかがあって、今みたいに勝手なことができなかった気がする。

 ぼくも16歳でプラスチック工場で夜勤していた。給料は2万円ぐらいだったような記憶がある。

戦後昭和史 - サラリーマンの月収と支出

 この表を見ると、70年ぐらいから増えてきたのがわかる。高度経済成長期だった。

 

 結論は出ないけれど……世相や風俗は何十年かのあいだにすごく変る。社会全体が変ってしまう。ファッションのようなものだ。

 みんなの思いや気持や考え方も変ってしまう。

 その影響は、後になって意味付けされたり定義されるんだけれど。

 たぶん大きな構造とかシステムとか、体制の変化で。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 

「戦後の詩人たち」(現代詩鑑賞講座11 1969年)を読んで行きたいと思っています。

 なぜ、この本のような解説書を読むかというと、

  • 詩の表現の変化がわかる。
  • 代表的詩人が取り上げられているので勉強になる。

           ぼくが知りたい詩の表現法が、学べると思うのです。

 

 この本に書かれている解説がヒントになり、詩の表現について気づくことがあるでしょう。

 今まで、詩論や、批評の本や、詩人が書いた本を読んできたのですが、こんなふうな詩人たちを網羅した詩の解説本を読んだことはなかった。これで詩壇というか、詩の世界の地図みたいなものがわかったらいいなと思っているのです。

 

 近代詩は、

青空文庫 分野別リスト 911 詩歌で読むことができます。

 

 ぼくが今まで本で学んできたのは戦後詩のことです。

 現代の詩がどうなっているかは――「現代詩手帖」も読んでいないし、ネットでも熱心に検索していないので、まだ、わかっていません。いずれはいま書かれている詩についても学ぶことができればいいなと思っています。

 

 ギンズバーグから始まって、鈴木志郎康石原吉郎が好きなのは変わりがありません。

 詩の衣裳や形式、表現の仕方は変わるけれど……死や、愛、社会や人間への思いという詩のテーマは変わらない、と思っています。

 

 ですから多くの詩人の書き方を知ることは勉強になるでしょう。

 この本では1部に25人、2部に22人、3部に24人の詩人が取り上げられています。

第一部

緒方昇、楼井勝美、天野忠、鳥見迅彦、菅原克己、及川均、佐川英三、会田綱雄、上林猷夫、中村千尾、石原吉郎、高田敏子、長島三芳安西均、三井ふたばこ、鮎川信夫三好豊一郎沢村光博、生野幸吉、山本太郎黒田喜夫、村上昭夫、風山瑕生、安水稔和、城侑

第二部

関根弘中桐雅夫田村隆一、木原孝一、長谷川龍生、谷川俊太郎吉本隆明谷川雁飯島耕一、金井直、那珂太郎、富岡多恵子宗左近石垣りん渋沢孝輔白石かずこ三木卓渡辺武信岡田隆彦吉増剛造吉行理恵長田弘

第三部

嵯峨信之、土橋治重、黒田三郎北村太郎、秋谷豊、安東次男、許南麒、浜田知章、和田徹三、吉岡実清岡卓行、中村稔、茨木のり子、滝口雅子、新川和江吉野弘高野喜久雄、藤富保男、大岡信川崎洋、粒来哲蔵、入沢康夫天沢退二郎鈴木志郎康

 

 どれだけの詩人を知っておられましたか? ぼくは半分ほどでした。

 それぞれの詩人たちは独自の表現法で書かれていると思います。そのスタイルと表現を学び知りたい。

 すべてといっても、もう忘れ去られた詩人もいますので、ネットで検索してヒットした詩人を取り上げていくことにします。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。