読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

お正月に思ったこと

 あけましておめでとうございます。

 暖かくて、穏やかなお正月でした。

 

 独り暮らしからすこし離れて、元旦に実家に帰りました。姉が母の面倒を見ていて、妹が来ていて……年に一度のことですから、話するのが楽しかったのです。妹は小さなスーパーの魚屋さんで、週に何日かですけれどパートで働いてると言っていました。そういうのを聞くと恥ずかしかったのです。ぼくも一昨年までは仕事を探していたけれど……人生はうまくいかなくて難しい。

 

 姉も妹も結婚していなくて、お互いに歳をとりました。姉は67歳で、妹は64歳。母は92歳。子どもの声が聞こえないお正月は、ちょっと淋しい気もしますが、それでも人様々なので、ぼくにとっては「家族のお正月」です。

 母も背が曲がって小さくなってきたので、それを見たとき、「もっと家に帰って来ないとな」と思ったのです。家族であることが、誰にとっても最大の喜びだと思うのです。

 

 お正月の面白くもないテレビを見たり、近況を話したりして過ごしました。姉がマフラーを買ってくれていたりして、いつものように惣菜や、みかんや、りんごや、おせち料理などを詰めてくれて、飲み残した焼酎も持たせてくれて、実家から帰ってきました。

 

 アパートの郵便受けに年賀状が二枚入っていました。ぼくは年賀状を書かなくなって、もう5、6年経つのですが、それでも年賀状をくれる人がいる。

 すごく、すごくありがたいし、感謝しています。

 今年は、二日に、焼酎を飲んでいて……思い立ってコンビニに年賀状を買いに行き――お礼の年賀状を書いて投函しました。

 人とのつきあいは大事だと思っているのですが、世間との連絡を絶って引きこもってからは誰とも交流しないで来ました。年賀にしたためるような話題が見つかりません。でも、どなたの年賀状も……挨拶だけでそれ以上のことは求めていないと思います…「新年の挨拶」が大事なんですよね。あなたのことを思っていますよ……という。

 

 郵便局の前の道を隔てて御幸森神社です。

 写真ではすごく大きく映っていますが、ほんとうはこじんまりと小さい普通の町内の神社です。

 夏や秋のお祭りには、いつもだんじりが回ってきます。そんな地域社会のつながりがあるのが、いい。

www.youtube.com

 

 神社の横の道を行けばコリアタウンなんですが、お正月で人が多かった。カメラを取りに戻り「写そうか」という気になったのですが……面倒だったので止めました。

 その代わりに、いつもの空の写真を。

f:id:san-sai:20160103122225j:plain

 お正月なので、空が青いです。

 

 何かとつながるのはいいことです。家族や、地域や、人。

 それがないと……人は、生きている喜びを持てないかも……そんなふうに大げさに考えることもないけれど……

 どこかでつながれば、人は極端なことをしなくて済むと、思うのです。

                                 ……m(_ _)m

 

 

 新しい年です。街が動き出します。

 新しい計画を立てて……希望を持って生きていく、それがいいなと思いました。

 今年は、ギターをちゃんと弾けるようになりたいです。

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードを載せることをやって来たんですけれど……もう残り僅かになったので、思い切って取り止めにします。【詩を考えること】を特別にしないで、生活のなかの一部分としてやっていきたいのです。

 けっきょく、自分の自己満足のために、詩を考えたり、勉強したり、書こうと空想したりしているのですから。

 

 自分も実作に挑戦しなきゃな、と思っています。それでいろいろと考えてはいるんです……うまい方法が見つかったら、その方向で書いていきます。

 

 いまの基本的な認識としては、

  • 詩は描かれる対象(モチーフ)と、描く主体(作者)の関係だと思います。
  • 表現が作者の心理を表している。
  • 表現方法=詩の形式・形、が、社会を変える。音楽が持っている力と同じ。

 

 ぼくがわかっていることは、以上のことです。

 先人の詩人たちに学びたいと思っています。その方法を考えて書きたい。

 

 じつは、お正月の間に解答を見つけ出そうと思っていたんだけれど……まだ、方法がわかりません。それでもぐだぐだと考えるのがぼくなので……これからも、よければつきあっていただければと思っています。詩については、時々、思いついたことを書いていきますので。m(_ _)m

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。