読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

暖冬のこと ・ 育休のこと

 おはようございます。

 大阪の今朝は雨が降っています。それで暖かいですが、日曜日から寒くなるようです。

 冬がやってくる。今年は暖冬だったですから……ずっと前に予想されていたんですね。 

 すごく詳しい説明、ありがとうございます。

 世界各地が暖冬で雪がないようです。ANNのネットニュースを見ると、モスクワ、ドイツが映っていました。モスクワはいつもは-5度ぐらいなのに9度もあるそうで、氷も雪も溶けて、冬らしくない、スケートとか冬の遊びが出来ない、とインタビューでいっていました。ドイツでは桜が咲いているようです。そういえば日本でも桜が咲いた地方もあった。

季節外れの花が…暖冬で異変、史上最強のエルニーニョ現象とは:イザ!

 

 いつも思うことですが「自然には勝てない」のです。人がコントロールできない。

 だから反面、すばらしいともいえるのですが。

 

     *          *          *

 

衆院議員の育休に谷垣氏「被雇用者とは違う」 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

の記事を読んだ感想を書きたかった。

 ぼくが最初に目にした時に思ったことは「いいんじゃない」ということでした。それと、「育休がとれる環境にあるということが、いいので……」ということ。複雑です。

……で、この議員が言っている「わたしが率先して手本になりたい」みたいなことは違うんじゃない、と思ったのです。

 育休がとれない状況にある庶民をどうするかを考えるのが議員の仕事だろうと思います。「手本になりたい」というのは、そういう恵まれた地位にいるからだろうと……本人はそんな気持はないのでしょうが、傲慢に感じて嫌な気持ちになりました。

 

 庶民の感覚はこうです。

 今まで公務員が、週休二日制とか、労働者の権利を促進するためにとかの名目で、率先して制度改革とかしたけれど、民間がそれにならって労働者が得になったことがありますか……ということ。そう問いたい。

 けっきょく「公務員はいいよなあ」というところに落ち着いている。

 

 建前でいわれると「そうです」というしかないんですが、そしてその建前とか目標とかは間違っていないのですが……それをできるものがやる、ということと、できない層とはだいぶ開きがある……それをどうするかです。

 

 リベラルであったり、建前を叫ぶことは間違いではないのですが、なにか問題の根本をよく見てないと思うんですね。あえていえば、スルーしているというか……

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードからです。

 

【ドキュメントや記録映画のように描く】

  • 詩の書き方の――対象に寄り添う描き方です。
  • 動画のように。
  • 視点は、カメラ・アイで。
  • 自分(主体)は、その登場人物となって。
  • 劇を作る。 

 いちばん客観性を持つ描き方。社会性も含ませることができる。

 参考に、ギンズバーグを挙げます。

 そういう描き方は時代を超えても変わらないと思うのです。

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 今週から土曜日、日曜日は休みます。ブログの形を考えなおそうと思って。

 また、28日に。

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。