読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

ミャンマーのことを思う……

 

 おはようございます。

 今朝は曇っている空ですが、ラジオ体操に行きました。習慣になっているので、行けないと寂しいです。朝の風景……夏とか冬とかで変わる、それを見ていたい。境内の猫も。ちっちゃい子猫だったのに半年も経つと一人前になって。

 

 NHKラジオの7時のニュースはいつも聞いているんですが……最近はミャンマーのレポートなどが多いです。

「証券会社が日本の支援で開設された――」

 こうして、自由経済社会になっていくんだろうな、と思いました。

 

 

www.nhk.or.jp

 NHKのわかりやすい解説です。ミャンマーは開放された、これから経済のシステムを作る政策をどう進めるかが問題、ということ。

 

www.mag2.com

とかを読むと、日本の投資がどうなるか、スー・チーさんの政治的な手腕が問われていることがわかります。けっきょく、英米にいいようにされるだけでないのか……

 でも、経済が発展しないと……だめですから……日本の戦後もそうでした。いろいろ問題は出てくるでしょうけれど……世界は経済中心で動いているのですから。

 

 グローバル化した資本主義は、新しい市場を求めます。

 ミャンマーはどうなるのか……

 


HD - ミャンマーの都市ヤンゴンの旅 / 街中散歩編-2011-


桃源紀行~ミャンマー・マンダレー

 

 急速な経済発展で、公害を引き起こすようなことになってほしくない。庶民が豊かになっても、昔の伝統や文化がなくなるような無機質な社会になってほしくない。

 日本もバブルまでは経済成長に溺れていたのですが、いまは経済界が導く未来が、幸せじゃないんじないかとわかってきています。経済第一主義は格差や過重労働を生むだけで、だめなんだと気づいたからです。豊かな経済の恩恵は受けるのはいいのですが……それだけでは幸福になれない。

 

今月の視点 - 日本企業のミャンマーにおけるビジネス活動へのサポート,ミャンマーにおける文化・芸術交流活動・社会貢献サポート

 

  どこでも、庶民が幸せかどうかが基準だと思うのです。資本主義に荒らされていない世界は貴重なんだと思っています。ぼくのちょっと偏った感想ですけれど。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードからです。

 

【並列する書き方】

 河井酔茗のサイトの「透明體」とか「忘れもの」

 谷川俊太郎生きるということ

         などの書き方……に学ぶものが有りました。

  • それは対象(モチーフ)を考察し、思いを巡らしている形でできています。
  • 作者の思いが並列されている。それが描写になっている。

 こういう並列する形式の詩は多いのです。人が思うとき、こういう形にならざるを得ないからでしょう。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。